XMLを推進する101社によりXMLコンソーシアムが本格始動

【国内記事】 2001.06.18

 XMLコンソーシアムは6月18日,次世代インターネットの基盤技術であるXML (eXtensible Markup Language)を活用したソリューションを推進する会員企業92社により,本格的な活動を開始したことを発表した。

 XMLコンソーシアムは,XMLを利用したシステムやサービスの普及・啓蒙を推進することを目的に2000年7月1日に発起設立された非営利団体。当初,XMLjapan.org,JavaコンソーシアムXML部会,日本経営協会の3団体におけるXMLの普及・啓蒙活動を統合したバーチャルなコンソーシアムとして活動していたが,今回組織を一本化しリアルなコンソーシアムとして本格的な活動を開始するという。

 同コンソーシアムの会長には,NTTソフトウェアの代表取締役社長,鶴保征城氏が就任したほか,インフォテリアの代表取締役社長,平野洋一郎氏,日本アイ・ビー・エムのソフトウェア事業部部長,田原春美氏を副会長に選任している。

 またコンソーシアムは,会員企業21社が理事としてコンソーシアムを運営。参加は,XMLコンソーシアムの設立趣旨に賛同する日本国内の法人,団体およびその部門で,年会費は10万円となっている。年内に250社の参加を計画している。

XMLコンソーシアムの活動内容
XMLに関する情報の収集,交換および提供

XMLを活用したアプリケーション開発,システム構築およびサービスの普及促進

XMLの情報を集約したポータルサイトの構築

標準化の促進および普及啓蒙

国内外の関連コンソーシアムとの連携と協力

関連リンク

▼XMLコンソーシアム事務局(富士ソフトABC内)

[ ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -