Windows XP 日本語版の発売日,11月16日に決定

【国内記事】 2001.07.31

 マイクロソフト7月31日,都内のホテルで記者発表会を行い,同社の次期OS製品であるWindows XP日本語版を11月16日に発売すると発表した。同英語版は10月25日のリリースを予定しているため,約3週間遅れでの日本語版販売となった。発表会では,今後の同社のWindows XPに関するマーケティング戦略などが紹介されている。

Windows XP発売日を発表する阿多社長

 発表会の冒頭,挨拶した同社の阿多親市社長は,この10年間におけるコンピューティングのMS-DOSからWindowsへの流れや,Windows 95,98,ME,2000への変遷について触れたあと,次のように話した。

「現在はFTTHやADSLなどのブロードバンドという大きな潮流が到来している。また,常時接続が当たり前になりつつある。フル32ビットのWindows XPは,ブロードバンド時代の新しいWindowsになる」(阿多氏)

RC1日本語版(ビルド2505)のデスクトップ画面。アイコンがごみ箱のみになっている

 一方,Windows XPに関する今後のマーケティング戦略を説明したWindows製品部の御代茂樹部長は,「Windows XP発売日まではコンシューマー市場に特化する。企業ユーザー市場への対応は発売日以降になる」と話した。阿多社長は,企業ユーザーの多くが,現在はWindows XPのコードベースになっているWindows 2000の導入試験を行っていると加えた。

 御代氏によると,6,7月のプロモーションでは,夏商戦における買い控えを防ぐためのWindows Ready PCの広告と,専門誌の特集記事,記事広告を通じた情報伝達に注力してきたという。

 8月以降は,Windows XPの新しい使い方の説明を中心に,広告を展開するという。その1つとして,企業顧客やパートナー向けに,直前バージョンであるRealease Candidate1(RC1)を配布する「Windows XPプレビュープログラム」を予定しており,8月6日から配布を開始するとしている。

 また同社は,9月に行われる「World PC Expo 2001」をWindows XPのプリローンチイベントとして位置付け,米マイクロソフトのリチャード・ベルーゾ社長が同イベントの基調講演に立つという。そこでベルーゾ氏は,Windows XPの発売への準備が順調に進んでいることをアピールする予定としている。

 なお,同製品をプリインストールしたPCの販売時期に関しては,各メーカーの任意になるという。

 この日,Windows XPのブロードバンド,常時接続への対応機能の1つとして,Windwos MessengerとRemote Desktopのデモも行われている。

Windows Messengerのテレビ電話

 Windows Messengerでは,いわゆるIP電話の機能が紹介され,さらに,テキストベースのチャットやファイル転送もできるという。

関連リンク

▼マイクロソフト

[怒賀新也 ,ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -