アイログ,最適化ソフトウェアの新バージョン「ILOG CPLEX 7.5」を発表

【国内記事】2001.10.30

 仏アイログは10月29日,最適化ソフトウェアエンジンの新バージョン「ILOG CPLEX 7.5」を発表した。

 ILOG CPLEX 7.5は,ソフトウェア開発者が「考えられる解決方法が数十億にも上る複雑な最適化問題を数秒以内に解決する」ことを可能にする最適化ソフトウェアエンジン。新バージョンはJavaアプリケーションに対応し,Javaプログラミングの簡素化および移植性の向上も実現可能になっている。

 同製品を利用することで,Java言語により最適化アプリケーションを構築可能になり,重要ながら未だ開発途上にある最適化というソフトウェアメソドロジーの市場を拡大可能で,Javaの新たな市場を開拓することも期待できるという。

 アイログでは,企業で利用されるWebアプリケーションの多くがJavaで開発されており,これらを統合する必要があるという。Javaは,複数のプラットフォーム環境を低価格でサポートし,顧客が取引ソーシングという最適化ベースのWebサービスの可能性を広げるためにILOG CPLEX 7.5が役立つとしている。

 ILOG CPLEX 7.5はJDK 1.2.2以上のプラットフォームをサポート。発売は11月を予定している。

関連リンク

▼アイログ

[ ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -