エンタープライズ:ニュース 2002/10/29 14:07:00 更新


ソフィアシステムズ、「ネットワーク対応長時間録音システム」を販売開始

ソフィアシステムズは、「ネットワーク対応長時間録音システム」の販売を11月に開始する。

 ソフィアシステムズは10月28日、「ネットワーク対応長時間録音システム」の販売を11月から開始すると発表した。

 ネットワーク対応長時間録音システムは、独自技術により音声ピックアップ部(音声圧縮フロントエンドNVR-40)をネットワーク接続したもの。これにより、企業内ネットワークインフラをそのまま活用可能で、通話記録が必要な部門に合わせてフロントエンド追加のみで柔軟に対応できる。収録は、MP3フォーマットでネットワークを経由して専用サーバ(VR-5000)へ行われる。

 録音は、標準構成のサーバで連続1万時間(416日)が可能。設定により、連続録音時間到達後は、古いデータから削除しながら自動継続できる。音声と共に各種の付加情報を収録できるので、音声を再生することなしに膨大な録音データの中から関係のありそうな情報のみを選び出すことも可能。さらに、サーバシステムは、インターネットブラウザで検索再生できるため、遠隔地での通話監視にも対応する。

 価格は、標準基本構成一式で140万円。同社では、初年度100セットの販売を目指す計画だ。

関連リンク
▼ソフィアシステムズ

[ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -