エンタープライズ:ニュース 2002/11/26 19:34:00 更新


Kソリューション、ネットワーク管理システムを組み合わせたQoS測定ツールを発売

Kソリューションは12月1日より、QoS測定ツール「SPIKE」にネットワーク管理システム「eRR@info」を組み合わせた「SPIKE スターターキット」の販売を開始する

 Kソリューションは12月1日より、ADSLをはじめとするベストエフォート型回線を利用したネットワーク上で、QoS管理を実現するためのツール「SPIKE スターターキット」の販売を開始する。

 同社はこれまで、任意のターゲットまでの間のネットワーク遅延やジッタ、パケットロスを計測するためのツール「SPKIE」を提供してきた。このたび発表されたSPIKE スターターキットは、このSPIKEとアドックインターナショナルのネットワーク管理システム「eRR@info」を組み合わせて提供するものだ。eRR@infoは、RAID搭載の1Uサイズのサーバにプリインストールした形で提供されるため、導入後すぐにQoSの測定監視を開始できるという。

 同社ではSPIKE スターターキットによって、VoIPやストリーミングをはじめとする、リアルタイム性が要求されるアプリケーションのQoSを安価に測定し、安定した通信を実現できるとしている。同キットの価格は220万円で、オンサイト保守料金は年額30万円。

関連記事
▼Kソリューション、QoS測定ツール「SPKIE Version2」をリリース

関連リンク
▼Kソリューション
▼アドックインターナショナル

[ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -