エンタープライズ:特集 2002/12/06 18:35:00 更新


第5回 Tripwireを運用するときの注意点 (4/4)

ほかのプラットホーム向けの「Tripwire」

 これまで紹介してきたTripwireはLinuxで動作する無償版のものであるが、Tripwireには商用版として、Linux以外にも、Windows、Solaris、AIX、HPUXなど、さまざまなプラットホームに対応している。

 それぞれの評価版が30日間は無償で使用できる。トリップワイヤのWebサイトよりダウンロードが可能なので、興味のある方は一度試用してみるとよいだろう。基本的なコマンドはこれまで紹介してきたものと変わりないので、戸惑うことなく利用することができるはずだ。

Windows版Tripwire

win1.jpg

win2.jpg
インストーラー形式のため、インストールは簡単だ。メール送信の設定などもインストール中に行える

win3.jpg
Tripwireのヘルプ画面を表示、基本的なコマンドは同じであるため戸惑うことなく利用できる

win5.jpg
付属している汎用ポリシーファイルと、ポリシーファイルウイザード起動画面

前のページ | 1 2 3 4 |      

[TTS,ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -