エンタープライズ:特集 2002/12/09 18:00:00 更新

Tomcatで知るJSP/サーブレットの基礎
第3回:Tomcatで動かすWebアプリケーションの仕組み (1/6)

この連載では、これまでに第1回目でJavaの基礎を解説し第2回ではTomcatを利用した環境構築方法を紹介している。第2回までで、Tomcatの動作確認までを終えることができるはずだ。今回は、自ら開発したWebアプリケーションを動作させるまでの手順について解説しよう
JSP/サーブレットを実行するコンテキスト環境

 「コンテキスト」とはWebアプリケーションを配置するために「コンテナ」と呼ぶ領域で仕切ったものである(画像1)。JSP/サーブレットを実行する場合にはコンテナを用いるが、各Webアプリケーションを実行するには「コンテキスト(ServletContext)」という概念を用いる。

fig5
画像1■コンテキストとコンテナ、JSP/サーブレットとの関係

 前述のように、Webアプリケーションは個々のコンテキスト内で独立実行される。そして各コンテナでは、Webアプリケーションの挙動を個別に設定することが可能だ。J2EEでは、コンテキストを作ってアプリケーションを配置することを「デプロイメント(Deployment)」と呼ぶ。

 また、J2EEにおいてWebアプリケーションを実行するためには次の手順が必要になる。

1. Webアプリケーションを構成するファイル群を1つのディレクトリにまとめる

 Webアプリケーションを構成するファイル群は、1つのディレクトリ内に置いておく必要がある。このディレクトリ下には、HTMLファイルや画像ファイル、JSPのプログラム、サーブレットのプログラム、そしてWebアプリケーションの振る舞いを設定するweb.xmlファイルなどを含む。

 詳しくは後述するが、Webアプリケーションを構成するファイル群のディレクトリ構成は、J2EEの仕様によって定められている。例えば、Tomcat上でアプリケーション開発を行い、後で別の実行環境で動作させたい場合には、Webアプリケーションを構成するファイル群を保存しているディレクトリを丸ごと別の実行環境にコピーすればよい。

2. コンテキストを用意する

 上記の「1」で用意したWebアプリケーションを実行するためには、コンテキストを用意する。Tomcatの場合には、「/etc/tomcat4/」ディレクトリ下の「server.xml」ファイルを編集することで用意ができる。

 次のページからは、この2つの手順について説明していこう。

      | 1 2 3 4 5 6 | 次のページ

[大澤文孝,ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -