エンタープライズ:ニュース 2003/05/23 20:04:00 更新


ネットジャパン、バックアップソフトの個人向けおよび企業向け新製品を販売開始

ネットジャパンは、米パワークエストが開発したバックアップソフト3製品を販売開始する。

 ネットジャパンは5月23日、米パワークエスト開発の個人向けバックアップソフト「PowerQuest V2i Protector 2.0 Desktop Edition日本語版(V2i Protector 2.0)」、および企業向けバックアップソフト「PowerQuest V2i Protector 2.0 Server Edition日本語版(2i Protector 2.0 Server)」、「PowerQuest V2i Protector 2.0 Enterprise Desktop Edition日本語版(V2i Protector 2.0 Enterprise Desktop)」を販売開始すると発表した。

 V2i Protector 2.0は、「Drive Image 2002」の後継で、新たにWindowsベースのV2i技術で開発したもの。PCが稼動中でもシステムボリュームを含んだすべてのバックアップを作成可能な「ホットイメージングバックアップ」機能をはじめ、多彩な機能を装備した。対応OSはWindows 2000/XP。パッケージには、Windows 95/98/Me対応のDrive Image 2002を同梱する。価格は1万5800円。

 2i Protector 2.0 ServerおよびV2i Protector 2.0 Enterprise Desktopは、従来製品のバージョンアップ版で、今回完全日本語化し、操作性が向上したという。また、差分バックアップやロールバックなど機能強化した。価格は、2i Protector 2.0 Serverが1サーバあたり18万5000円、V2i Protector 2.0 Enterprise Desktopが1ライセンスあたり1万600円(10ライセンス時)から。

関連リンク
▼ネットジャパン

[ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -