エンタープライズ:ニュース 2003/06/04 08:20:00 更新


図研ネットウェイブ、統合セキュリティ製品「FortiGate」のラインナップを強化

図研ネットウェイブは、ファイアウォールやVPN、ウイルス対策などの機能を提供する統合型セキュリティゲートウェイ「FortiGateシリーズ」のラインナップを強化した。

 図研ネットウェイブは6月3日、米Fortinetが開発した統合型セキュリティゲートウェイ「FortiGateシリーズ」のラインナップを強化し、新たに3製品を追加したことを発表した。

 FortiGateシリーズは、ファイアウォールとVPN、不正侵入検知(IDS)とWebフィルタリング、それにウイルス対策という5つの機能を1つの筐体で実現する、高度なセキュリティアプライアンスだ。独自ASICによる高速な処理が特徴となっている。

 今回リリースされたのは、小規模オフィスやSOHOをターゲットとした「FortiGate 60」、大規模企業ネットワーク向けの「FortiGate 1000」、それに同シリーズの中でも最上位機種となる「FortiGate 3600」の3種類だ。中でもFortiGate 3600は、ファイアウォール時で最大4Gbpsというスループットを実現するという。

 価格はFortiGate 60が24万2000円(10ユーザー)、FortiGate 1000が320万円、FortiGate 3600は709万円だ。いずれも6月23日に出荷される予定である。

 なお図研ネットウェイブは一連の新製品を、東京国際フォーラムで開催されている「RSA Conference 2003 JAPAN」の展示会場で紹介している。

関連記事
▼「脅威の90パーセント以上はコンテンツベース」と米フォーティネットのケン・ジーCEO

関連リンク
▼図研ネットウェイブ
▼Fortinet

[ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -