エンタープライズ:ニュース 2003/06/11 10:09:00 更新


MS、ルーマニアのウイルス対策企業資産買収

ルーマニアのウイルス対策ソフトメーカーGeCAD Softwareと米Microsoftは、MicrosoftがGeCADの知的財産と技術資産を買収することで最終合意に達した。

 ルーマニアのウイルス対策ソフトメーカーGeCAD Softwareと米Microsoftは6月10日、MicrosoftがGeCADの知的財産と技術資産を買収することで最終合意に達したと発表した。Microsoftはセキュリティ強化に向けて、この技術を製品とサービスに組み込む意向。

 Microsoftはさらに、GeCADの技術を用いてWindowsの強化を図ると共に、サードパーティのウイルス対策ベンダー向けのサポートを拡大。こうしたベンダーのセキュリティ強化と包括的なウイルス対策提供を支援するとしている。

 GeCADは世界60カ国以上のディストリビューターを通じ、「RAV AntiVirus」ブランドのウイルス対策製品を販売している。同社製品はプラットフォームに依存しないスキャニングエンジンが特徴で、ウイルスを検出・削除しながら、あらゆるプラットフォームやOSに対応したモジュールとプログラム用のウイルス定義データベースとして機能する。

 MicrosoftはTrustworthy Computing(信頼できるコンピューティング)戦略の下、セキュリティ強化の取り組みを進めており、GeCAD技術もその一環だと説明している。

 買収条件は公表されておらず、Microsoftは具体的なウイルス対策製品計画などの詳細も明らかにしていない。

関連記事
▼Windows.NETチャンネル
▼エンタープライズトップへ

関連リンク
▼Microsoftのプレスリリース
▼GeCADのプレスリリース

[ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -