エンタープライズ:ニュース 2003/07/02 17:03:00 更新


あなたのセキュリティスキルのレベルは? SEA/Jのスキルチェックコーナー

SEA/Jは、「NetWorld+Interop 2003 Tokyo」でセキュリティチェックパビリオンを開いた。ベンダーに依存しないセキュリティ認定を実施しているとあって、注目を集めた。

 セキュリティ・エデュケーション・アライアンス・ジャパン(SEA/J)は、「NetWorld+Interop 2003 Tokyo」でセキュリティチェックパビリオンを開いた。会場に設置されたPCから、「SEA/J情報セキュリティ技術認定」の簡易なデモを体験できる。

 「企業の情報システム担当者が多く着ており、注目されているのを感じますよ」(SEA/Jパビリオン担当者)

 情報セキュリティに対する意識向上を図るため、ヒューコムが幹事企業となり設立されたSEA/Jは、セキュリティ教育プログラムや資格認定などを行っている機関。SEA/Jの教育プログラムは、IPA(情報処理振興事業協会)が作成したスキルマップの分類に対応しており、客観的な人材育成が行える。ベンダーに依存しないセキュリティ認定資格とあって、注目を集めていた。

SEA/Jセキュリティスキルチェックパビリオン

40台のPCが設置され、自分のセキュリティスキルをはかれる


 現在は「Certified Security Basic Master」(CSBA)資格に対応した基礎コースが開講している。今秋からは専門分野別に分かれた応用コースも始まり、「Certified Security Professional Master」(CSPM)資格が得られるようになる。IPAスキルマップに照らし合わせると、CSBAがレベル1、CSPMがレベル2相当に値する。

 「この4月に始まった資格のため、まだ取得者は少ないですが、セキュリティに関する教育の重要度は非常に高まっています」(同担当者)

 セキュリティチェックパビリオンに設置されたPCからは、自分のセキュリティに関するスキルチェックができた。攻撃手法に関する設問から関連法律を含む4択問題を答えていくと、点数が分かる簡易なものだが、自分のセキュリティに関する認識度合いを知るにはちょうどよさそうだ。

 さて、あなたのセキュリティスキルのレベルは?

関連記事
▼NetWorld+Interop 2003 Tokyoレポート

関連リンク
▼SEA/J

[堀 哲也,ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -