エンタープライズ:ニュース 2003/08/19 16:41:00 更新


ベリタス、Windowsデータ保護ソフトウェア市場シェア拡大に向けたキャンペーンを開始

ベリタスは、Windowsのデータ保護ソフトウェア市場でのさらなるシェア拡大を目的としたキャンペーン活動を8月20日から展開する。

 ベリタスソフトウェア(ベリタス)は、Windowsのデータ保護ソフトウェア市場でのさらなるシェア拡大を目的として、バックアップソフト「VERITAS Backup Exec 9.0 for Windows Servers」の拡販活動を8月20日から行う。バンドルセットや乗り換えに対するディスカウントキャンペーンのほか、同製品の全国セミナーを順次開始する。

 ディスカウントキャンペーンとなる「VERITAS Backup Exec 9.0 Value Addキャンペーン」では、Backup Execのエージェントやオプションを30%オフで購入できるバンドルセットや、1ライセンスから適用できるアカデミックパックを用意する。また、他社のバックアップソフトからBackup Execに乗り換えれば、通常価格の62%オフで提供する。キャンペーン期間は、8月20日から10月31日。

 また、これまで東京を中心に行ってきたBackup Execのテクニカルセミナーも全国レベルに拡大する。「VERITAS Backup Exec 9.0 Value Addロードショー」として、8月20日の名古屋を皮切りに、大阪、札幌、福岡で順次開催する予定だ。

 Gartner Dataquestの調査によると、ベリタスはWindowsデータ保護ソフト市場で52.2%のシェアを占め、第2位以降の企業のシェアを引き離している。

関連リンク
▼ベリタス

[ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -