エンタープライズ:ニュース 2003/10/08 17:07:00 更新


ベリタスと日本IBM、IAサーバのLinuxでUNIX並みのファイル/ボリューム管理を可能に

ベリタスと日本IBMは、IAサーバ「IBM eServer xSeries」と、「Red Hat Enterprise Linux」、「VERITAS Foundation Suite」を組み合わせたソリューションの提供で協業する。

 ベリタスソフトウェアと日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は10月8日、IBMのIAサーバ「IBM eServer xSeries」と、「Red Hat Enterprise Linux」、ベリタスのファイル/ボリューム管理ソフトウェア「VERITAS Foundation Suite」を組み合わせたソリューションの提供で協業すると発表した。

 同ソリューションを導入することで、IAサーバのLinux環境において、UNIXと同等レベルのファイル/ボリューム管理機能を実現できるという。価格は327万円からで、11月中旬に出荷を開始する予定だ。

関連記事
▼VERITAS VISION 2003 JAPAN レポート

関連リンク
▼ベリタスソフトウェア
▼日本アイ・ビー・エム

[ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -