エンタープライズ:ニュース 2003/10/14 17:00:00 更新


「モバイルWebサービスがコミュニケーションの基盤になる」とゲイツ氏

TELECOM 2003の講演に米Microsoft会長のビル・ゲイツ氏が登場。同社がVodafoneとともに取り組み始めたモバイルWebサービスの可能性について語った。

 「ソフトウェアは、データと音声の世界を橋渡しすることができる。ソフトウェアは、データ通信の世界に新しいビジネスモデルをもたらすことができる。今日、私が伝えたいのは、ソフトウェア業界とテレコム業界はともに、さらに成長していけるということだ」――現地時間の10月13日、TELECOM 2003の講演に登場した米Microsoft会長のビル・ゲイツ氏は、テレコミュニケーション業界に向かってこのように呼びかけた。

ゲイツ氏

ソフトウェアはテレコム業界の成長を手助けできると述べたゲイツ氏。携帯の分野でいくつか重要な発表も行った

 MicrosoftはTELECOM 2003の開催に合わせて、いくつか新しい発表を行っている。その1つがVodafoneとの提携だ。

 両社は今後、XMLをベースとしたWebサービスをモバイルの世界に拡大することを目的に、共同でモバイルWebサービス標準の作成を進める計画だ。この取り組みにより、逆に、メッセージングや位置情報サービス、請求サービスなど、既存のモバイルネットワークサービスの統合も可能になるという。仕様の詳細は、今月末に開催されるMicrosoft PDCで明らかにされるほか、Webサイトでも公開される予定だ。

 Microsoftはさらに、ヨーロッパを中心にサービスを展開する携帯電話キャリアのOrangeが、Windows Mobile 2003 for Smartphonesを採用した携帯端末「SPV E200」をリリースしたことも明らかにした。この端末はカメラを搭載し、MP3の再生が可能なほか、Bluetoothをサポートしている。またWindows Mobile 2003を採用した以上当然のことながら、Pocket Outlookによるメールの送受信やPocket Internet ExplorerでのWebブラウジングが可能だ。

 ゲイツ氏は講演を通じて、一連の取り組みによって、通信事業者が付加価値の高いサービスを提供できるようになり、結果として収益の増加と市場の拡大につながることを主張した。

来たるべきコミュニケーションの基盤に

 中でもゲイツ氏が強調したのがモバイルWebサービスの可能性だ。同氏は、かつてソフトウェアが異なるシステムをつなぎインターネットのプラットフォームとなったように、今度はWebサービスがさまざまな相互接続を可能にするという。

 「ブロードバンドやWi-Fiといった来たるべきコミュニケーションのプラットフォームはすべて、オープンなWebサービスのうえに構築される」(ゲイツ氏)。こうしたサービスはXMLをベースとしつつ、位置情報サービスやメッセージングと組み合わせることができ、しかもカスタマイズが可能なものになるという。「これらのWebサービスはモバイル環境に完全にフィットする」(同氏)。これは同時に、開発者コミュニティにも寄与するものだとした。

 講演の中では、モバイルWebサービスの姿を示す例の1つとして、車の障害対応サービスのデモンストレーションが行われた。顧客の携帯電話からコールセンターに連絡が入ると、位置情報サービスと組み合わせて正確な現在地を把握する。既存のCRMシステムと連携することにより、実際の作業に当たるサービス担当者が、移動中にPDAで顧客の過去の履歴をチェックするといったことも可能になる。

デモ

デモンストレーションで用いられた画面

 なお、あまり掘り下げては語られなかったが、ゲイツ氏はもう1つ重要なトピックとしてセキュリティを挙げている。同氏は、「ソフトウェアの信頼性を求める声は非常に高い」とし、この2年間進めてきたセキュリティへの取り組みに引き続き注力する姿勢を示した。

 同氏は、「マイクロソフトは、一連のデバイスやサービスをより優れたものにすることができる」と述べる。つまり同社とのパートナーシップにより、通信事業者はスケジューラやビジネス情報の共有、CRMシステムなどとの連携を既存サービスのオプションの形で提供し、より多くの収入を得られることになる。

 この結果、家庭ではWebサービスをベースに音声、動画サービスをさまざまな形で楽しめるだけでなく、モバイルワーカーの生産性向上にも寄与し、「モバイルの経験をよりよいものにしていく」(ゲイツ氏)という。

関連記事
▼「Windows Mobile 2003」正式発表
▼ITU Telecom World 2003レポート

関連リンク
▼ITU Telecom World 2003
▼マイクロソフト

[高橋睦美,ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -