エンタープライズ:ニュース 2003/11/12 13:03:00 更新


Microsoft、「SMS 2003」正式リリース

Microsoftは、デンマークのコペンハーゲンで開催のMicrosoft IT Forum 2003でシステム管理ツール新版の「Systems Management Server(SMS)2003」を正式リリースした。

 Microsoftは11月11日、デンマークのコペンハーゲンで開催のMicrosoft IT Forum 2003でシステム管理ツール新版の「Systems Management Server(SMS)2003」を正式リリースした。

 米国での価格は10デバイスクライアントアクセスライセンス付きで1219ドル。SMS 2003では、セカンダリーサーバ用に別途SMSライセンスを取得する必要はない。120日間有効の評価版がwww.microsoft.com/smserverで提供されている。

 SMSはセキュリティ更新の配布作業などを簡易化するツール。SMS 2003は、モバイル機器からデータセンターサーバに至る各種デバイスへのクライアントおよびサーバ用アプリケーションの導入に利用できる。エンタープライズセキュリティ強化のため、脆弱性評価報告機能とパッチ適用機能を備えている。またSMS 2003は分散システムの運用を簡易化・自動化する目的で同社が掲げている「Dynamic Systems Initiative」(DSI)構想の主要構成要素でもある。

 Microsoftでは、SMS 2003の早期採用企業としてSAP America、Marathon Oilなどの事例を紹介している。

関連記事
▼Microsoftの「SMS 2003」がRTMに
▼MSがSMSとMOMを統合、「Systems Center」を来夏リリースへ
▼サードパーティを取り込むマイクロソフトの新オートノミック戦略「DSI」

関連リンク
▼Microsoftのプレスリリース

[ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -