エンタープライズ:ニュース 2003/12/24 22:04:00 更新


文部科学省のWebサイトが改ざん被害

12月24日、文部科学省管理下のWebサイト「survey.mext.go.jp」が改ざんの被害に遭ったことが明らかになった。

 12月24日、文部科学省管理下のWebサイト「survey.mext.go.jp」が、クラッカーによる改ざんの被害に遭ったことが明らかになった。

 この改ざんは、「Javaphile」と名乗る人物によって、12月23日になされたと見られる(12月25日追記:「Javaphile」は人物名ではなく、クラッカーのグループ名)。改ざん後の画面には、日本政府と小泉首相、軍国主義に反対するメッセージと中国国旗が残された。このクラッカーは他にも、韓国、英国などの複数のサイトに改ざんを仕掛けており、うちいくつかには占領に反対するメッセージが残されている。

kaizan.jpg

 これに先立つ12月18日には、米航空宇宙局(NASA)の13のWebサイトが攻撃を受け、改ざんされた。また米国とイラクの戦争が始まった3月にも、数多くのWebサイトが改ざんの攻撃を受けている。

 24日午後9時現在、このサイトにはアクセスできない状態になっている。広報担当者が帰宅しているため、文部科学省からはコメントは得られなかった。

関連記事
▼NASAのWebサイトに「戦争反対」のハッキング
▼続発するWeb改ざん、しかし真に警戒すべきは……

[高橋睦美,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -