ニュース
2004/02/26 19:40:00 更新


ウイルス対策ベンダー各社、Netskyの亜種「Netsky.C」に警告

ウイルス対策ベンダー各社は、ワーム「Netsky.C」に対する警告を出した。

 ウイルス対策ベンダー各社は、ワーム「Netsky.C」の警告を出した。シマンテック、日本ネットワークアソシエイツともに危険度「中」の評価。

 Netsky.Cは、大量メール送信型のワーム。HDDなどで発見したアドレスに自身をコピーし電子メールを送信する。送信するメールの内容は複数の候補から選択されるため不定。また「Shar」という単語を含むフォルダ名をドライブC〜Zまで検索し、発見したフォルダに自身をコピーする。

 メールの添付ファイルとして送られてきても、添付ファイルを実行しなければ感染しない。実行されると、Windowsフォルダにwinlogon.exeというファイルが作成されるほか、レジストリの値が変更される。

 影響を受けるのは、Windows 95/98/Me、Windows NT/2000/XPおよびWindows Server 2003。

 また、Mydoom.AおよびMydoom.Bを無効化するという。

関連リンク
▼シマンテック
▼日本ネットワークアソシエイツ
▼トレンドマイクロ

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -