ニュース
2004/03/16 20:08 更新


「Winny」で広がる新ワーム「ANTINNY.B」

トレンドマイクロは、P2Pソフト「Winny」を介して広がるワーム「ANTINNY.B」を警告した。危険度は「低」だが、ダメージは「高」だとして注意を呼びかけている。

 トレンドマイクロは3月15日、P2Pソフト「Winny」を介して広がるワーム「ANTINNY.B」を警告した。危険度は「低」だが、ダメージは「高」だとして注意を呼びかけている。

 Winnyの共有フォルダを媒介に感染するワーム。Winny上では「(ランダムなファイル名).exe」と表示される。自身をテキストファイルのアイコンで表示するのも特徴。

 感染すると「SVCHOST.exe」としてWindowsのテンポラリフォルダに自身をコピー、その後Windowsのシステムフォルダに「(ランダムなファイル名).exe」として自身をコピーし、サービスプロセスとして常駐。レジストリを改変する。Winnyの共有フォルダにも自身をコピーする。

 Windows 95/98/Me/NT/2000/XP搭載マシンで感染の危険性がある。

関連記事
▼「ぬるぽ」 Winnyで広がるワームが出現

関連リンク
▼ANTINNY.Bの情報
▼トレンドマイクロ

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -