ニュース
2004/04/05 14:26 更新


セキュリティフライデー、ギガビットネットワーク対応Windowsファイルサーバ向け解析ソフト

セキュリティフライデーは、ギガビットネットワークに接続されたWindowsファイルサーバへのアクセスを監視する情報漏えい対策ソフト「VISUACT-G」を6月から販売する。

 セキュリティフライデーは4月5日、ギガビットネットワークに接続されたWindowsファイルサーバへのアクセスを監視する情報漏えい対策ソフト「VISUACT-G」を6月から販売すると発表した。

 VISUACT-Gは、同社のWindowsネットワーク解析ソフト「VISUACT」の技術を高速化しギガビットネットワークでキャプチャしリアルタイム解析を行えるようにした製品。Windowsで構築されたファイルサーバへのアクセスパケットの内容をログファイルとして出力できる。

 同社によると、プロトコルが非公開かつ複雑でアクセス内容を把握できなかったWindowsサーバ上のファイルへのアクセスを把握することは難しかったほか、高速に大容量のデータが流れるギガビットネットワークを全パケット記録方式でデータを長期漢文保存するのは記憶容量の面からも困難だったという。VISUACT-Gでは、これら2つの問題を解決したとしている。

 価格は、250万から750万円となっている。

関連リンク
▼セキュリティフライデー

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -