ニュース
2004/04/05 16:10 更新


シマンテック、Sober.Fを危険度「中」に引き上げ

シマンテックは、Sober.Fを危険度「中」に値する「3」に引き上げて警告している。

 シマンテックは4月4日、Sober.Fを危険度「中」に値する「3」に引き上げて警告した。顧客からの報告数が増加したため、危険度が「2」から引き上げられた。

 Sober.Fは、独自のSMTPエンジンを使用して電子メールの添付ファイルとして拡散するワーム。添付ファイルの拡張子は、ZIP、PIF。リモートのWebサイトからファイルをダウンロードして実行しようともするという。電子メールの件名、本文の内容は不定だが、主にドイツ語で書かれている。

 影響を受けるシステムは、Windows 95/98/Me、Windows NT、2000、XPとなっている。

関連リンク
▼シマンテック(Security Response)
▼トレンドマイクロ(セキュリティ情報)
▼日本ネットワークアソシエイツ(ウイルス情報)
▼ソフォス(Virus analyses)

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -