ニュース
2004/04/16 18:59 更新


日本コンピュウェア、アプリケーション性能管理ソフトを販売開始

日本コンピュウェアは、アプリケーション性能管理ソフトウェア「ClientVantage 9.1.1」の販売を開始する。

 日本コンピュウェアは4月15日、アプリケーション性能管理ソフトウェア「ClientVantage 9.1.1」を販売開始したと発表した。

 ClientVantageは、Webシステムなど企業システムインフラ全体の応答時間を、エンドユーザーの視点から監視できる製品。これにより、実際の利用者がシステムの性能問題を体験する前に問題点を発見できるという。

 また、ほかの同社「Vantage」製品と統合利用することで、迅速な問題解析と全体最適化を実現できるとしている。

 価格は、最小構成で458万6400円(税込み)から。

関連リンク
▼日本コンピュウェア
▼プレスリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -