PR
2005/05/16 00:00 更新


SAPソリューションで企業を超えた情報統合をサポート

ワールドワイドでSI最大手のアクセンチュアは、ハイパフォーマンス企業を実現するために、ビジネスを行う上で必要な社内外の情報(データやアプリケーション)をシームレスに統合するためのビジネスプロセスの定義を始めている。その前提となるのがWebサービスであり、SAPにおいてはSAP NetWeaverを軸とする基盤システムとなる。SAPPHIREでそのショウケースを展示する予定の同社に、狙いと展望を聞いた。

 アクセンチュアは、システムインテグレーション(SI)分野で世界最大手のコンサルティング・ファームとして君臨する企業だ。SIの上流(業務改革のコンサルティング)から下流(システム構築)そして業務を含めたアウトソーシングまでをまかなう存在として高い評価を獲得し、日本でも就職ランキングで上位を占める。SAPの導入実績も豊富で、今後もSAPをベースとしたソリューションを提案していく方向という。

統合が意味するもの−US航空会社の成功事例

 同社でグローバル・ビジネス・ソリューションズ担当の統括パートナーを務める沼畑幸二氏は、今回の取材でアクセンチュアの考える企業システムについて熱く語ってくれた。Webサービスの現実化から議論が始まったSOA(service-oriented architecture)をより実質的な企業システムとして実装できれば、ビジネスを行う上で必要なアプリケーションと社内外にあるデータをシームレスに統合でき、これまでのいわゆるエンタープライズITの姿を大きく変えると主張するのだ。


沼畑幸二氏

 沼畑氏は、システム統合がビジネスに大きなメリットを与えてくれる例について語ってくれた。

「USの航空会社では、フライトの遅延によって発生する業務を単にシステム化するということではなく、顧客に及ぼす影響を正確に把握し、その問題を解決するためにどのようなサービスが必要かという視点でシステム統合を実現しました。以前は、顧客の搭乗した飛行機が遅れると、現場の従業員が様々なシステムや部署に対して変更手続きを必要としていましたが、関連するアプリケーションとデータを統合することで、遅延情報がシステム全体に転送され、フライト時間の調整や別フライトの予約、手荷物の優先順位の変更と顧客への情報通知をリアルタイムで実現する仕組みを実現しました。結果、顧客への付加価値の提供、関連する従業員の業務プロセスの効率化、企業全体の価値を高めることができるようになったのです」

ポータル通して政府が提供する様々なサービスを提供

 沼畑氏はさらに続ける。インターネットを使った事例で最もわかりやすい事例はポータルにおけるソリューション分野だが、それをうまく使ったケースがあるというのだ。

 スペインのカタルーニャ自治区における住民・企業向けサービスがそれだ。同自治区では、住民および企業に対して、政府が提供するサービスにアクセスすることができるようにした。

従来は、担当する自治体の窓口が個別のシステムを使って提供していたサービスを、ポータルを通して様々なシステムを連携、統合し、提供している。このサービスを利用することで、1回の住所変更手続きだけで関連するすべてのシステムで住所変更が行われ、自動的に地域政府や地用自治体にデータが提供されるようになっている。将来的には600万人を越えるユーザーに既存のサービスから今後提供される新しいサービスがひとつの仮想の窓口から提供されていく予定だ。

 沼畑氏はこう話す。

「情報システムを構築・提供する側からの視点だけだと、企業内のシステム構築部署内の視点で狭い範囲での業務プロセス効率性を向上させることだけに目が行きがちです。しかし、顧客側、この場合は住民側の視点では、どれだけ便利になったかが重要になりますよね。この事例は、行政側の業務処理を自動化できただけではなく、住民にとって利便性の高い仕組みを提供し、住民の満足度を大幅に向上させられた点に注目したいですね。」

 Webサービスそのものは、ポータル技術だけを表すものではないが、こうしたわかりやすい例で新しい技術を啓蒙していく。

アクセンチュアのサービスベンダーとしての視点は、このように市場への啓蒙活動から最高のサービス提供へとつながっているようだ。

Webサービスを実現するSAP NetWeaver

 こうした仕組みを組織や企業を超えて展開することに、Webサービスの価値がある。ただ、この概念そのものは、それほど新しくはない。

インターネットの登場前から、同様のコンセプトは語られてきた。これまでは、システムに実装された処理を「機能」ととらえてきたが、それを束ねて「サービス」として切り出す。ITの視点から見ると、いくつかの機能をまとめサービスを提供するだけで、オブジェクト指向の登場とさして変わりはない。しかし、社内と社外をつなぐ「業務プロセス」に注目すると、Webサービスはそれを大きく進化させるものだ。

 そんなWebサービスの基盤としてSAPが選択したのは、自社開発のSAP NetWeaverだ。かつてSAPは企業内のアプリケーション統合をERPであるR/3で実現し、いまプロセス統合、コラボレーション統合(企業を超えた統合)をSAP NetWeaverで実現する。またSAP NetWeaverは、Webサービスで必要とされる様々技術標準に対して対応していることもさることながら、マイクロソフトの.NET環境、Java/J2EE環境など様々な開発環境に対応しつつ、多くのSAPユーザー企業の既存投資を保護すべく、SAPの開発言語ABAPにも対応する。このため、SAPのソリューションを選択したユーザーは、既存投資を保護し、かつ、新たな業務ニーズオープンな環境の中でITに落とし込めるようになる。

 沼畑氏は、こうしたSAP NetWeaverに魅力を感じているようだ。

「かつて、企業内外の情報連携はバッチによる疎なデータ交換でした。業務プロセスの視点からみると、業務の一部のみが連携されているにすぎませんでした。しかし、ERPの登場で企業内のアプリケーション統合が実現できるようなり、これからの時代は、企業間の枠を超えたサービスレベルでのプロセス統合が問われる時代に入ってくるといえるでしょう」(沼畑氏)

 社内の業務プロセスと取引先のプロセスが、Webサービスを介して繋がり、特定の伝票処理だけのつながりではなく、マーケットやファイナンスの情報、市況など様々なデータとアプリケーションが高度に情報統合され、コラボレーションが生まれる。アクセンチュアは、そのようなグラウンドデザインを描き、それをクライアント企業に提供しようとしている。

ハイパフォーマンスな企業へ

 それが、アクセンチュアの定義する「ハイパフォーマンス・ビジネス」だ。企業・組織が現在抱える課題と将来の課題のバランスをとりながら、クライアントに対して最適なソリューションを提案していく。そして、クライアントがハイパフォーマンスを実現できることを支援していきたいという。その中で、SAPの果たす役割は大きいという。

「以前は、SAPが提供するR/3 でアプリケーションを統合するイメージでしたが、今後はmySAP ERPをコアに、様々なアプリケーションと外部のサービスを高度に統合、相互運用させ、企業の枠を超えたビジネスプロセスをとらえていく。アクセンチュアは、こうした仕組みをクライアントに提供していきたいのです」と沼畑氏。

 SAPはERPを拡張するためのソリューションとしてCRM、SRM、PLMなどを提供し、さらにSAP NetWeaverで、複数のシステムをまたがる共通の技術基盤が提供された。

「情報系が整備されれば、分析系の出番です。企業がより高いパフォーマンスを実現するために、社内だけでなく、社外からの様々な情報を活用できていなければなりません。そうなれば、現場はより多くのデータに基づいた意思決定の材料をそろえることができるようになり、経営者は的確な経営判断を迅速に下せるようになります。」

 アクセンチュアでは、このように理想的なシステム統合の土台として、業種別にビジネスプロセスの定義を始めている。現在は製造業や向けのソリューションなど様々な業界へ展開していく計画だ。SAPPHIREでは、SAP NetWeaverのショウケースとして、システムを理想的に統合した姿を展示する。また、セッションで上記の業種別ソリューションを紹介する予定となっている。

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -