メディア
製品比較
» 2021年10月21日 14時38分 公開

「アウトドアリュック」「バックパック」おすすめ5選 ノースフェイス、コロンビアなど有名ブランド勢ぞろい【2021年10月版】

ハイキングなどアウトドアスポーツのお供には使い勝手の良いリュックがあると心強いです。今回は普段の通勤・通学からアウトドアまで使える便利なリュックを紹介します。ノースフェイスやコールマン、コロンビアなど有名ブランドのものを多くそろえました。

[Fav-Log]

 これから本格的な紅葉シーズンに入り、自然の中に出かける予定がある方も多いのではないでしょうか。ハイキングなどアウトドアスポーツのお供には使い勝手の良いリュックがあると心強いです。

コールマン「リュック シールド25」 コールマン「リュック シールド25」(出典:Amazon

 今回は普段の通勤・通学からアウトドアまで使える便利なリュックを紹介します。ノースフェイスやコールマン、コロンビアなど有名ブランドのものを多くそろえました。

アウトドアリュック・バックパック:目的に合わせた容量を確認

 使う目的に合わせてリュックの容量を確認しましょう。通勤・通学用であれば20リットル程度で十分なこともあります。日帰りハイキングや1泊程度の旅行であれば30リットルあると丁度良い大きさです。

コールマン「リュック」 コールマン「リュック」(出典:Amazon

 通勤・通学用とアウトドア用を兼用したい場合は、30リットル前後のリュックを選ぶとどちらにも使いやすいのでおすすめですよ。

アウトドアリュック・バックパック:収納力は? 内ポケットやサイドポケットをチェック

 アウトドア用に使うリュックは、ペットボトルやトレッキングポールを収納できるサイドポケットや、モバイルバッテリーや救急セットなどを仕分ける内ポケットがあるか確認するのがおすすめです。

ミレー「リュック クーラ20」 ミレー「リュック クーラ20」(出典:Amazon

 収納ポケットが多めに付いているものを選ぶと、簡単に整理できてパッキングも楽にできるので、快適にアウトドアを楽しむことができますよ。

アウトドアリュック・バックパック:重さや耐久性、耐水性を確認

 特に山登りなどで長時間アウトドアスポーツをするときは、できるだけ軽量で丈夫なリュックだとうれしいですよね。そのためリュックの重さや耐荷重、素材が頑丈であるかを確認しておきましょう。 

グレゴリー「バックパック」 グレゴリー「バックパック」(出典:Amazon

 耐水性も気になるところです。撥水加工や防水加工が施されたものであれば急な雨にも対応できるので安心です。レインカバーが付属しているリュックもおすすめですよ。

アウトドアリュック・バックパックおすすめモデルはコレ!

ザ・ノースフェイス「バックパック」

 ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)の「バックパック」は、定番人気商品のクラシカルなデザインを継承しつつ素材強度と機能面を充実した、アウトドアでも日常でも使いやすい多機能リュックサックです。

ザ・ノースフェイス「バックパック」 ザ・ノースフェイス「バックパック」(出典:Amazon

 ノートパソコンが入るタブレットスリーブを内蔵し、収納式のウエストベルトを採用。飲み物などが収納できるサイドポケットも付いています。背骨への負担を軽減する構造なので、長時間のハイキングにもおすすめです。容量は26リットル。価格は1万3000円前後です。

コロンビア「ブルーリッジマウンテン30L」

 登山初心者にもおすすめなコロンビアの「ブルーリッジマウンテン30L」。レインカバーが付いていることに加え、吸引チューブで小まめな水分補給ができるハイドレーションにも対応しているのでアウトドアスポーツにぴったりです。

コロンビア「ブルーリッジマウンテン30L」 コロンビア「ブルーリッジマウンテン30L」(出典:Amazon

 間口が大きく開いて荷物の整理がしやすいU字ファスナータイプ。通気性と快適性に優れた背面仕様になっています。容量は30リットル。価格は1万円前後です。

デサント「バックパック」

 裏地にフラッシュカラーを使用したスポーティーなデザインが特徴的なデサントの「バックパック」。内側には小物入れメッシュポケット、背面側にはPC・タブレット収納ポケット付きで収納力があります。

デサント「バックパック」 デサント「バックパック」(出典:Amazon

 また、上部にはファスナーポケットがあるので小物の出し入れがしやすいです。両サイドとショルダーハーネスには視認性を高める再帰反射材付きで夜道も安心。容量は30リットル。価格は7000円前後です。

コールマン「リュック ウォーカー33」

 日帰りハイキングから旅行までマルチに使えるコールマンの「リュック ウォーカー33」。軽くて丈夫な撥水加工のナイロンツイル生地を使用しています。小物を収納できるオーガナイザーポケットやサイドポケットが付いています。

コールマン「リュック ウォーカー33」 コールマン「リュック ウォーカー33」(出典:Amazon

 背面はメッシュ素材なので蒸れにくく、通気性が抜群。チェストストラップがフィット感を高め、ショルダーベルトがずれ落ちるのを防ぎます。容量は33リットル。価格は5000円前後です。

ミレー「リュック クーラ20」

 街歩きでも違和感のないデザインで、通勤・通学から日帰りハイキングまで幅広く活躍する、ミレーの「リュック クーラ20」。レインカバー、2つのフロントジッパーポケット、サイドポケット付きで、機能性十分です。

ミレー「リュック クーラ20」 ミレー「リュック クーラ20」(出典:Amazon

 ダブルジッパーによって大きく開閉するメイン収納は奥行きがあり、多くの荷物を簡単に出し入れできます。容量は20リットル。価格は9000円前後です。

リュック・バックパック最新人気ランキング

 ショッピングサイトではどんなリュック・バックパックが人気なのでしょうか。以下のリンクからチェックしてみましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.