メディア

「ティーポット」おすすめ5選 「ハリオ」や「ウェッジウッド」など、おしゃれで使いやすいティーポットでティータイムを楽しもう!【2022年2月版】

» 2022年02月17日 18時50分 公開
[Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 紅茶やハーブティーなど、リーフティーを飲むときに必要な「ティーポット」。ガラス製や陶磁器製があり、おしゃれなデザインのものなどたくさん種類があります。

https://amzn.to/3BGo0zT HARIO(ハリオ)「ジャンピングリーフポット JPL-60-B」(出典:Amazon

 ティーポットは材質や形によって使い勝手が変わり、お茶の味や香りに影響します。そこで今回は、ティーポットの選び方とおすすめ商品を紹介します。おしゃれでおいしい紅茶が入れられるティーポットを使って、家でのティータイムを楽しんでください。

ティーポット:ガラスや陶器などの素材に注目

 ティーポットの材質は、ガラス陶磁器が一般的です。中でもガラス製はリーズナブルな価格のものが多い上に、お茶の濃さや茶葉の動きが確認できるので使いやすいでしょう。

 陶器のティーポットは凝ったデザインのものが多いです。吸水性があるためお茶の香りが染み込みやすく、いろいろなお茶を試して自分好みの風味が出せるティーポットに育てる人もいるそうです。

https://amzn.to/3gUwBFw AfternoonTea LIVING「ティーポット 茶漉し付き」(出典:Amazon

 陶器と似ている磁器製のティーポットは、保温性に優れています。磁器は陶磁器の中でも一番硬いと言われており、陶器ほど吸水性が高くないので扱いやすいでしょう。

「ハリオ」や「キントー」など日本ブランドの商品が人気

 「ハリオ」は創業当初から耐熱ガラスの製造・販売を行ってきた歴史のあるメーカーです。そんなハリオのティーポットは、茶葉がジャンピングしやすい丸みのある形が特徴的です。

https://amzn.to/3rRhwe2 HARIO(ハリオ)「ジャンピングリーフポット S 600ml」(出典:Amazon

 「KINTO(キントー)」の食器類は、使いやすさと生活に馴染むデザインをコンセプトにしています。材質も形もさまざまな種類のティーポットがあり、シンプルだけど洗練されたデザインが印象的です。

 その他にも有名な食器ブランド「ウェッジウッド(WEDGWOOD)」「ル・クルーゼ(LE CREUSET)」、日本ブランドの「ノリタケ」などのティーポットも人気です。自分で使うのはもちろん、カップやソーサーとのセットもたくさんあるので、プレゼントにもぴったりではないでしょうか。

ティーポット:大きさもしっかり確認

 1〜2人分の紅茶を入れる機会が多い場合は、400〜500ml程の容量のティーポットがおすすめです。大きいティーポットでお湯の量を少なめにすると、茶葉が上手くジャンピングしないので味に影響が出てしまいます。おいしい紅茶を入れるためには、お湯の量に合わせた大きさのティーポットを選ぶようにしましょう。

https://amzn.to/3HYY4l1 KINTO(キントー)「UNITEA ワンタッチティーポット 460ml」(出典:Amazon

 反対に大人数で使うことが多い場合は、600ml以上のティーポットがおすすめです。大きくなると重くなってしまうので、持ちやすさや、軽い素材か確認して選ぶと良いでしょう。

おすすめの「ティーポット」はこちら!

HARIO(ハリオ)「ジャンピング ティー ポット 500ml JP-2」

 コロンとした丸い形が特徴的なハリオのティーポットは、茶葉がジャンピングしてより奥深い味わいと香りが楽しめます。

https://amzn.to/3sPGdqi HARIO(ハリオ)「ジャンピング ティー ポット 500ml JP-2」(出典:Amazon

 注ぎ口のところに金メッキの茶こしが付いているので、しっかりと茶葉が広がりやすい作りになっています。ガラス製なので茶葉の動きや色を確認して楽しめるティーポットです。500mlと800mlのサイズがあるので、使い方に合わせて選ぶと良いでしょう。販売価格は4600円(税込み、以下同)です。

KINTO(キントー)「CLK-151 ティーポット 500ml」

 キントーの「CLK-151 ティーポット」は磁器製の商品です。

https://amzn.to/3LEmanA KINTO(キントー)「CLK-151 ティーポット 500ml」(出典:Amazon

 和の雰囲気にも合う、シンプルだけれどもあたたかみのあるデザインが特徴的です。食洗機に対応しているのでお手入れもラクラク。中のストレーナーを外せば電子レンジでも使えます。和洋折衷のようなデザインが好きな人におすすめです。サイズは500ml、販売価格は6050円です。

Wedgwood(ウェッジウッド)「アレクサンドラ ティーポット S」

 イギリスの食器ブランドウェッジウッドは、さまざまなテーマをモチーフにしたデザインを生み出しています。

https://amzn.to/3rRDtcW フォーライフ「ステンレス ティーポット 414ml」(出典:Amazon

 アレクサンドラシリーズは、「ティアラ」とウェッジウッドの伝統柄「デイジー」が描かれた気品あふれるデザインです。丸みを帯びた形もあたたかい印象を与えてくれます。同じシリーズでカップやソーサーをそろえてみてはいかがでしょう。サイズは600ml。販売価格は3万3000円です。

Noritake(ノリタケ)「ティー ポット 520cc 花更紗」

 日本を代表する洋食器ブランド「ノリタケ」が手がける、ボーンチャイナのティーポットです。

https://amzn.to/3pgPp6v Noritake(ノリタケ)「ティー ポット 520cc 花更紗」(出典:Amazon

 ボーンチャイナは磁器の種類の一つで、なめらかな乳白色が特徴です。花更紗(はなさらさ)はノリタケを代表するシリーズで、美しい乳白色に繊細な植物が描かれています。この植物は、花と実が同時になるという架空の“生命の樹”(ツリー・オブ・ライフ)というもの。西アジアをはじめ世界中で広く知られているモチーフで、ペルシャじゅうたんにも描かれているそうです。アジアンテイストな雰囲気を感じられるデザインのティーポット。サイズは約520ml。販売価格は1万3000円前後です。

KINTO(キントー)「UNITEA ワンタッチティーポット 460ml」

 キントーの「UNITEA ワンタッチティーポット」は、片手で持ちやすいシンプルな形のティーポットです。

https://amzn.to/3HYY4l1 KINTO(キントー)「UNITEA ワンタッチティーポット 460ml」(出典:Amazon

 ストレーナーとふたが一体となっているので、取り外しやお手入れも簡単なのがうれしいですね。取っ手も大きくて持ちやすく、どんな時でも使いやすいティーポットです。細かいパーツがないため洗いやすいので、毎日ティーポットを使う人におすすめの商品です。サイズは460mlと720mlの2種類あります。販売価格は2400円前後です。

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. ワークマン好きが“リピ買い”した「夏ウェア」3選 2023年夏に人気だったウェアが、新モデルになって登場
  2. ワークマンの使ってよかった「足の疲れ・歩行姿勢改善インソール」3選 長時間の立ち仕事や偏平足など、悩み別におすすめを紹介【2024年5月版】
  3. ワークマンの「汗をかいても快適なウェア」3選 980円の“ひんやりTシャツ”は、この夏のマストバイ【後編】
  4. 「電波ソーラーG-SHOCK」おすすめ&ランキング 無敵の実用ウォッチ! 人気モデルをチェック【2024年5月版】
  5. 「ソフトシェルジャケット」おすすめ3選&売れ筋ランキングトップ10 肌寒い朝晩にも役立つ、軽量な高機能アウター【2024年5月版】
  6. ワークマンの“スニーカー感覚で履けるサンダル”が優秀 フィット感抜群の蒸れないシューズは要チェック
  7. 今売れている「万年筆」ランキングトップ10 特殊なペン先で筆のような書き分けができるモデルが人気!【2024年5月版】
  8. 6月発売の「保冷機能付き付録バッグ」3選 ディーン&デルーカの“おしゃれ付録トート”が話題
  9. 「スマートウォッチ」ほしいものランキングトップ10&おすすめ 1位のApple Watch SEに続いたのはHUAWEIの人気モデル後継機【2024年5月版】
  10. GUの“1990円バッグ”が話題 素材・形・色すべてがカワイイ! 実際に使ってみた