TELNET接続でメールの送受信を行う

●TELNET経由でメールサーバに接続してみよう

 メールの送受信はメールソフトを使用せず,Windowsに標準で添付されているTELNETクライアントを利用して,手動で行うことも可能だ。もちろん実際のメール送受信を手動で行う必要はまったくないが,メールの仕組みを理解するためには,自分でやってみるほうが分かりやすい。SMTPはポート25,POPはポート110に接続する。

 まずは,TELNETクライアントを利用してSMTPサーバに接続し,メールを送信してみよう。

画面
写真1■スタートメニューから「ファイル名をしてして実行」を選択し,「telnet.exe」と入力する。「ホスト名」にSMTPサーバのアドレスを入力したあと,「ポート」に「25」と入力しよう

 TELNETクライアントが起動したら,リスト1のように入力してみよう。 黄色で示した部分のように入力すればよい。メールアドレスなどは,自分が利用しているものを入力する。

リスト1■SMTPサーバからメールを送信する

220 mail.hoge.co.jp
 hello hoge.co.jp
250 mail.hoge.co.jp Hello ppp15.hoge.co.jp[202.238.22.55],pleased tomeet you
 mail from :<hoge@hoge.co.jp>
250 <hoge@hoge.co.jp>.. Sender ok
 rcpt to :<hoge@hoge.co.jp>
250 <hoge@hoge.co.jp>..Recipient ok
 data
354 Enter mail,end with "." on a line by itself
 Subject:TEST
 
 This is a test mail. ←メール本文を入力

 .
250 f7MauKi19087 Messeage accepted for delivery
 quit

 次は送信したメールを受信する。TELNETクライアントからメールサーバに接続できたら,リスト2のように入力してみよう。

画面
写真2■写真1と同様にPOPサーバのアドレスを入力して,「ポート」に「110」を指定すればよい

リスト2■POPサーバからメールを受信する

+OK QPOP (version 2.53) at pop.hoge.co.jp starting <21534.993208885@pop.hoge.co.jp>
 user hogehoge12
+OK Password required for hogehoge12
 pass GyTr5Vbu
+OK hogehoge12 has 5 message (8098 octets)
 stat
+OK 5 8098
 retr 1

---------メールの内容が表示される-------------

 dele 1
+OK message #1 deleted
 quit

 コマンドラインでのメール送受信は手間がかかるので,もちろん実用的とは言えないが,メールソフトの動作が分かるので,使い方を知っておいても損はないだろう。送受信時に利用するコマンドの代表例を,表1表2に挙げておく。

表1■SMTPサーバで送信するための入力コマンド

HELO <送信ホスト> 送信元の設定
MAIL FROM:<送信者のメールアドレス> 送信者のメールアドレス
RCPT TO :<送信先のメールアドレス> 受信者のメールアドレス
DATA メール本文を入力する ".":ピリオドで本文を終了する
RSET メッセージの取り消し
QUIT 接続を切断

表2■POPサーバから受信するための入力コマンド

USER <ユーザー名> ユーザーアカウント名
PASS <パスワード> ユーザーパスワード
STAT 未読メッセージ数,バイト数の表示
RETR n メッセージ番号を指定して取り出す
DELE n メッセージ番号を指定して削除
RSET 全てのメッセージを削除せず,メッセージ番号を1にリセット
QUIT 接続を切断

PREV 3/5 NEXT


Special

- PR -

Special

- PR -