●Perlモジュールのインストール

 Perlモジュールは個々にインストールするか,CPANからネットワーク経由でインストールする方法がある。今回はネットワーク経由でインストールしてみよう。ネットワーク経由でインストールするには

# perl -MCPAN -e shell

 と入力する。初めて接続するときには,いくつかの問いに答えなければならない。基本的にはリターンキーを押していけばよいので,そのまま進めていこう。

$ su
Password:(パスワードを入力)
# perl -MCPAN -e shell

/usr/lib/perl5/5.6.0/CPAN/Config.pm initialized.

CPAN is the world-wide archive of perl resources. It consists of about
100 sites that all replicate the same contents all around the globe.
Many countries have at least one CPAN site already. The resources
found on CPAN are easily accessible with the CPAN.pm module. If you
want to use CPAN.pm, you have to configure it properly.

If you do not want to enter a dialog now, you can answer 'no' to this
question and I'll try to autoconfigure. (Note: you can revisit this
dialog anytime later by typing 'o conf init' at the cpan prompt.)

Are you ready for manual configuration? [yes] ←[リターンキー]

(中略)

Your ftp_proxy? [] ←[リターンキー]

Your http_proxy? [] ←[リターンキー]

Your no_proxy? [] ←[リターンキー]

WAIT support is available as a Plugin. You need the CPAN::WAIT module
to actually use it.But we need to know your favorite WAIT server. If
you don't know a WAIT server near you, just press ENTER.

Your favorite WAIT server?
[wait://ls6.informatik.uni-dortmund.de:1404]

commit: wrote /usr/lib/perl5/5.6.0/CPAN/Config.pm

cpan shell -- CPAN exploration and modules installation (v1.52)
ReadLine support available (try ``install Bundle::CPAN'')

cpan>

 「cpan>」が表示されたら,あとは以下のように入力して,順番にモジュールをインストールしていく。

cpan>[コマンド] [リターンキー]

下記のコマンドを入力しインストールしよう。

cpan> install Unix::Syslog
cpan> install Convert::UUlib
cpan> install Convert::TNEF
cpan> install Compress::Zlib
cpan> install Archive::Tar
cpan> install Archive::Zip
cpan> install G/GB/GBARR/MailTools-1.15.tar.gz
cpan> install MIME::Tools
cpan> install Bundle::libnet

 インストールしたら

cpan> exit

と入力して終了する。

 Perlモジュールを個々にインストールしたい場合は,AMaViS RPM packagesからRPMをダウンロードしてインストールするか,または各モジュールをダウンロードし展開後に,

# perl Makefile.PL
# make
# make test
# make install

としてインストールしよう。

PREV 2/5 NEXT


Special

- PR -

Special

- PR -