この特集のトップページへ

Directory design 1...
ディレクトリ容量の見積もり

 今日的なディレクトリには,ユーザーやコンピュータといった基本的なネットワークリソースはもちろんのこと,セキュリティ,グループポリシー,アプリケーション情報など,さまざまなオブジェクトが集積されることになる。それだけに,今日的なディレクトリの容量は増大する傾向にあるといってよい。

 では,あなたはActive Directoryのディレクトリが実際にどの程度の容量になるかを想像したことはあるだろうか。Windows NTの場合は,ユーザー1件あたり約1Kバイト,グループ1件あたり約4Kバイト,コンピュータ1件あたり約500バイトという具合に,各オブジェクトごとに消費されるディレクトリ容量が少なかった。そのうえ,SAM(Security Account Manager)データベースを格納するレジストリの容量制限(Windows NT 4.0では最大100Mバイト程度)により,ディレクトリ容量の上限が40Mバイト程度に制限されていた。このため,Windows NTでは,ディレクトリの容量についてあまり意識する必要はなかった。

 しかしActive Directoryのように,さまざまな属性を備えたオブジェクトを大量に登録するようになると,ディレクトリの容量にも意識を向けざるを得ない。ユーザーが100人登録されている場合はどの程度のディレクトリ容量になるのか,それが2000人だったらどうなるのか……。それに応じて,用意すべきハードディスクの容量と性能も変わってくることになる。

 そこでここでは,Active Directoryにおけるディレクトリ容量の予測について説明する。

prevpg.gif Directory design 1/18 nextpg.gif


Special

- PR -

Special

- PR -