アステル「ドット・i」対応AJ-51はインターネット直結ケータイだ

iモードのようにブラウザを備えたPHS……とだけ見ては,「ドット・i」の意味を取り違える。ドット・iは,インターネットに直接接続できるケータイだ。

【国内記事】 2001年1月15日 更新

 東京電話アステルから初の「ドット・i」対応端末AJ-51(JRC製)が登場した。ドット・iとはアステルグループの提供する電話機単体でのインターネット接続サービスの総称だが,機能の大部分は高機能端末が実現しており,端末がインターネットに直結している点が注目される。

 NTTドコモのiモードに始まったケータイのインターネット対応は,今や完全なトレンド。PHSでは初めてインターネット対応を謳うドット・i対応端末もサーバの送受信機能を備え,コンパクトHTML準拠のブラウザを内蔵している。しかし,これはいまさら画期的といえる事ではない。

インターネットに直結

 ドット・iがこれまでのインターネット対応端末と大幅に違う点は,PCやPDAと同じようにインターネットに直接接続する「ダイヤルアップ接続機能」を持つ点だ。

メールサーバの設定画面。PCのメールソフトと全く同じ内容だ
 ドット・iではインターネット接続が時間帯,利用場所に関係なく均一料金(10円/分)で利用できる専用アクセスポイントも提供されるが,これは一般にいうISPのアクセスポイントと同様のものだ。従ってISPのアクセスポイントや企業内のネットワークにもダイヤルアップ接続することが可能で,サーバもインターネット上のメールサーバに直接アクセスして送受信を行う。

 つまり,普段利用しているISPのメールサーバや企業内のメールサーバにアクセスし,サーバの送受信を行えるのだ。ドット・i対応端末はインターネットに直結できる初めてのケータイといえる。

わずらわしい専用メールアドレスへの転送は不要

電子メールのメニュー。複数のメールアドレスを設定済みだ
 アステルからは最大2つの専用メールアドレス(〜@phone.ne.jp,〜@xxx.mozio.ne.jpなど)が提供され,これを含め最大4つのメールアドレスを設定し,サーバの送受信が行える。

 既に述べたとおり,普段利用しているメールアドレスの電子メールも直接送受信可能だから,電話機で電子メールを読み書きするために専用メールアドレスへ転送する必要がない点はやはり便利だ。

受信したメールの一覧。一覧性よりは内容重視で,送信元,タイトルなどがしっかり分かる
 サーバは原則的にはユーザーが意識して受信操作を行うタイプで,iモードのようにリアルタイム配信されるわけではない。ただし専用メールアドレスはメール着信通知が可能で,ほぼリアルタイムで送信元やタイトルを確認できる。着信通知と同時にメール本文を自動受信させることも可能だ。

 最大2つの専用メールアドレスは急ぎの連絡用にして,プライベート用,仕事用と使い分けるのがコスト的にはベターだろう。電子メールの送受信も通信時間に応じて10円単位の料金が掛かるので(専用アクセスポイントでは30秒までなら5円),専用メールアドレスと着信通知を利用するのがうまく使いこなすコツになる。

機能が複雑なだけに処理速度に不安

 今回チェックしたAJ-51では,対象とするメールアドレスを選択し(複数選択可能),送信のみ/送受信のどちらかを実行可能。ただし,メールサーバに到着しているメールの中から,必要な物のみ選択して受信する事はできない。

 32Kbpsとデータ通信速度が高速とはいえ,1通当たり最大10Kバイトもの電子メールを受信できるだけに,この点は少々不満が残る。日常的に利用するメールアドレスの電子メールが送受信できるメリットを生かすためにも,必要な電子メールを選択しての受信や,文字数を制限しての受信はぜひ実現してほしい機能だ。メールサーバを直接操作するのだから,端末側の機能拡張のみで実現可能なはずだ。

 サーバ利用の自由度が高いドット・iだが,マイナス材料もある。インターネット標準の手順を用いているがゆえに端末内部でのサーバ送受信の処理が複雑になり,処理速度に影響が出ているのだ。専用メールアドレスに届いた電子メールの受信に要する時間を,同じPHSであるH"(32Kbps)と比較すると以下のようになった。

おおよそ5Kバイトのメールを1通受信
ASTEL AJ-51 24秒
DDIポケット RJ-90 4秒
おおよそ5Kバイトのメールを3通受信
ASTEL AJ-51 47秒
DDIポケット RJ-90 10秒

 同じサイズのメールを3通受信しても,要した時間は1通の場合の倍以下であり,これはメールサーバへのログイン処理に特に時間を要していると判断できる。電子メールに関する自由度が高いがゆえでもあるが,気になる点ではある。

 「ドット・i」のサーバ送受信機能は,専用メールアドレスと日常利用しているメールアドレスをうまく使い分けると非常に便利に利用できる。不満点がないわけではないが,従来のケータイの電子メール送受信機能とは一線を画しているのは事実だ。

関連記事
▼東京電話アステル,PHS向けネットサービス「ドットi」の詳細を発表
▼NEC,携帯・PHS向けWeb変換ソフトを発売──アステルの「ドットi」にも対応

[坪山博貴,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!