シャープ,モバイル機器用の高感度CMOSカメラモジュールを開発

【国内記事】 2001年4月20日更新

 シャープは4月19日,携帯電話などのモバイル機器用のCMOSカメラモジュール「LZOP3908/LZOP390E」を開発したと発表した。6月からサンプル出荷,10月から量産を開始する。

 シャープは本製品について,CMOSカメラモジュールの課題とされていた暗い場所での撮影が可能であり,「ロウソク程度の明るさ(5ルクス)でも高品位に撮影可能」であるとしている。容積0.6cc,厚み5ミリであり,消費電力は45ミリワットである。

 なおシャープ広報によると「J-SH06」「J-SH07」にはこのカメラモジュールではなく,「J-04」で使用したものの改良型が搭載されるとしている。

関連記事
▼ 携帯電話に内蔵されるカメラも本格派に──CCD型登場

[杉浦正武,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!