NTTドコモ,6月1日より基本使用料を値下げ

NTTドコモは5月9日,携帯・自動車電話の基本使用料及び通話料等を6月1日から改定すると発表した。

【国内記事】 2001年5月9日更新

 NTTドコモは5月9日,携帯・自動車電話の基本使用料及び通話料等を6月1日から改定すると発表した。

 今回の改定は,基本使用料に含まれる無料通話分の拡大が中心。基本使用料は変わらず,プランAにおいて無料通話分が400円増えるほか,プランBでは100円,おはなしでプラスLで300円,おはなしプラスBIGで300円,長得プランでは400円,それぞれ無料通話分が増える。

プラン名 改定前 改定後
プランA 200円 600円
プランB 400円 500円
おはなしプラスL 3100円 3400円
おはなしプラスBIG 6300円 6600円
長得プラン 200円 600円

 「おはなしプラスM」では通話料の拡大がない代わりに,通話料倍率が現行のプランAの1.4倍から1.3倍に変更になる。

 さらに「ボリュームディスカウント」「通話料いっかつ割引」「包括回線割引」の通話料割引サービスについて,現在iモードなどのパケット通信料は割引されなかったが,改定後はパケット通信料にも割引率が適用される。

 また,料金自動案内サービス「157」について,現在は利用時の通話料を無料としていたが,今後1通話につき10円かかるようになる。

 今回の値下げによって,ARPU(1ユーザーあたりの月額使用料金)がさらに減少することになる。1999年度のドコモの音声通話のみのARPUは8620円,2000年度 は7770円と徐々に減少しており,2001年度は7160円となるとドコモは予想している。ドコモでは,今回の値下げがARPUに与える影響は260円程度と予測している。

関連記事
▼ドコモ,ファミリー割引改定,ドッチーモプランを値下げ
▼ドコモの携帯を持っていれば,PHSは無料で使える?
▼FOMA端末はかなり高くなる?──あまり売れては困るドコモ

[杉浦正武,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!