KDDIの携帯電話向けJavaサービスは「ezplus」

KDDIは,この夏から開始するJava対応端末向けのサービス名称を発表した。

【国内記事】 2001年5月17日更新

 KDDIおよびauグループは5月17日,Java技術をベースとした携帯電話の新サービスの名称を「ezplus」と決定したと発表した。サービス名のコンセプトは「EZwebの機能拡張性,利便性向上のイメージを伝えるもの」だという。

 KDDIは,6月から7月にかけてJava対応携帯電話を市場に投入する。仕様としては,J-フォンと同様のプロファイル,JavaVMを用いたもの。JavaプログラムのサイズもNTTドコモのiアプリの5倍になっている(4月12日の記事参照)。

 5月22日から東京ビックサイトで開催される「ビジネスショウ 2001 TOKYO」では,ezplusを始め,Bluetooth一体型携帯電話などが参考展示される。

関連記事
▼ KDDI,au端末搭載Javaの概要を公開──プログラムサイズは50Kバイト
▼ 携帯向けJava,3社の違いは?

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!