ドメイン指定受信,“なりすまし”メールも対処可能──ドコモ

「ドメイン指定受信機能」はなりすましメールにも有効なようだ。

【国内記事】 2002年1月9日更新

 NTTドコモは1月10日から全国で実施する「ドメイン指定受信機能」について(1月8日の記事参照),「“docomo.ne.jp”になりすました迷惑メールも,“docomo.ne.jp”を受信するドメインに指定しない限り受信されない」と語った。

 「ドメイン指定受信機能」は,ユーザーがあらかじめ受信可能なドメインを指定することで,迷惑メールの受信を防ぐための新機能(2001年11月の記事参照)。ドメインは10個まで指定できる。

 ドコモ広報部によると,“docomo.ne.jp”ドメインを指定する・指定しないに限らず,iモードからのメールは受信可能。迷惑メールの多くは“docomo.ne.jp”ドメインになりすまして送信されることが多いが,受信ドメインにわざわざ“docomo.ne.jp”を入れなければ,ドコモのドメインになりすました迷惑メールも受信されることはないという。逆に,“docomo.ne.jp”を受信ドメインに指定してしまうと,なりすましたメールが届くことになる。

ドメインなど送付
iモード間必ず届く
docomo.ne.jpを指定していない場合docomo.ne.jpになりすましたメールも届かない
docomo.ne.jpを指定した場合docomo.ne.jpになりすましたメールが届く
Aというドメインを指定Aというドメインからのメールが届く
指定していないドメイン届かない

関連記事
▼ ドコモ,迷惑メール防止に「ドメイン指定受信機能を追加」,1月10日から
▼ ドコモ,迷惑メールに新対策──宛先不明メールのブロックも

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!