NTTドコモグループの携帯・自動車電話契約数が4000万を突破

NTTドコモの携帯・自動車電話の契約数が全国で4000万を突破したと発表した。1999年2月のiモードサービス開始で,音声利用から非音声利用に市場を拡大したことが,4000万達成の鍵となったようだ。

【国内記事】 2002年2月15日更新

 NTTドコモは2月15日,同社の携帯・自動車電話の契約数が全国で4000万(FOMA含む)を突破したと発表した。

 同社は,1979年12月に東京地区で自動車電話サービス開始後の10年間,年間平均約3万であった純増数が伸び始めた推移について,1993年10月の保証金の廃止,1994年4月の買い上げ制度の導入,1996年12月の新規加入料廃止や料金値下げおよび小型化,軽量化への取り組みなどを挙げている。結果,1993年以降は年間平均約430万の純増数となり,3000万契約突破から1年9カ月で4000万を達成した。

 この間の市場の変化についてNTTドコモは,1999年2月にiモードが開始され,サービスインから3年弱で3000万契約を突破するなど,音声中心の利用から,メールやインターネット接続などの新しい使い方へと市場がシフトしていることを指摘。2001年にFOMAサービスを開始したことで,高速・広帯域を活かした映像やデータなどの非音声系サービスを実現している。

 4000万突破までの契約数の推移は下記の通り。

年月日契約数
1979(昭和54)年12月サービス開始
1993年 2月100万契約突破
1996年 4月500万契約突破
1997年 2月1000万契約突破
1997年10月1500万契約突破
1998年 8月2000万契約突破
1999年 6月2500万契約突破
2000年 5月3000万契約突破
2001年 2月3500万契約突破
2002年 2月4000万契約突破

携帯・自動車電話の中にFOMAの契約数も含む

関連記事
▼ 携帯電話出荷数の落ち込み幅が拡大,7カ月連続のマイナス─JEITA
▼ FOMA,ただいま4万3000人──1月事業者別契約者速報

関連リンク
▼ NTTドコモ

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!