Mobile:NEWS 2002年7月18日 08:24 PM 更新

「固定→携帯の接続料は高すぎる」 平成電電、総務省に裁定申し立て

「接続料が高すぎて格安サービスを提供できない」──キャリア側が設定する慣行にベンチャーが疑問を提起

 格安通話料金で電話事業に参入している平成電電は7月18日、「固定電話から携帯電話にかける場合、携帯電話事業者が決めた接続料が高過ぎ、低価格サービスが実現できない」として総務省に接続協定裁定を申し立てたと発表した。

 平成電電は第一種通信事業者として2001年11月、時間帯にかかわらず県間通話2分10円、市内通話3分7.5円のの格安サービスで電話事業に参入した。

 同社は固定電話から携帯電話への通話を30秒10円(3分60円)でかけられる新サービスを9月に始める計画だ。このため携帯電話事業者各社と2001年5月から協議を開始。同社側に接続料金設定権を求めたところ、各社から同社との相互接続を拒絶されたとして、電気通信事業法の規定に基づき裁定を申し立てた。

 固定電話から携帯電話への接続料は携帯電話各社による個別設定が慣行化しており、NTTドコモは3分80円、KDDI(au)とJ-フォン、ツーカーグループは同120円となっている。

 格安料金をうたうIP電話が続々と登場しているが、そのほとんどが携帯電話への発信ができないようになっている。携帯電話への接続料という“壁”を超えようとすると、固定−固定の通話料金に比べはるかに高額になってしまうためだ(ZDNet モバイルの記事参照)。

 平成電電は「接続料金は、携帯電話事業者が画一的・専制的に設定することが慣行になっており、設定可能と考えられる水準よりも高くなっている」と疑問を提起。予定通りサービスを開始するため裁定を申し立てたとしている。

関連記事
▼ どうしてIP電話は携帯電話にかけられないのか?(ZDNet モバイル)
▼ 既存技術で県間通話2分10円 ベンチャーが通信事業に参入
▼ 平成電電のADSL、最大8Mbpsで月額1200円(ZDNet ブロードバンド)

関連リンク
▼ 平成電電

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!