Mobile:NEWS 2002年7月29日 08:23 PM 更新

NTT西、“ワン切り業者”の回線をストップ

午前10時8分頃、NTT西日本の電話ネットワークに過負荷がかかり、同社はネットワークを保護するため、2回に分けて25〜50%の発信規制を実施した。前回と同じ“ワン切り業者”による大量の不完了呼が原因とみられている

 7月29日の午前中、大阪府下および兵庫県尼崎市の一部で電話が繋がりにくくなった。大阪では、今月15日にも同様の障害が発生したばかり。前回と同じ“ワン切り”業者による大量の不完了呼が原因と見られており、NTT西日本は午前11時前に当該回線の利用を停止している。

 午前10時8分頃、NTT西日本の電話ネットワークに過負荷がかかり、輻輳(ふくそう)の発生が確認された。同社はネットワークを保護するため、2回に分けて25〜50%の発信規制を実施。これにより、同エリアにある約516万の回線で“つながりにくい”などの影響が出た。

 「(輻輳の)原因は大量の不完了呼であり、発信元が前回特定されたユーザーと同一だったため、10時58分に当該回線を停止した。その他の原因は調査中だ」(NTT西)。当該回線を停止後、トラフィックが正常化したため、同エリアの発信規制は解除されている。

 回線利用を停止させるという処置は、サービス事業者にとってある意味「強硬手段」だ。迷惑なワン切り業者とはいえ、相手が料金を支払っている以上、本来ならサービスを継続する義務がある。NTT西日本では、「原因となったユーザーに対しては、輻輳が発生した場合は(電話回線の)利用を中止すると事前に警告してあった」と説明している。

 今回の措置は、いわば“特例”。だが、わずか半月の間に繰り返された大規模な通信障害は、ユーザーの間に不信感を募らせた。

 NTT西日本では、抜本的な対策の1つとして、ネットワーク全体に影響を及ぼす回線を自社の判断で停止できるよう、契約約款を修正する方針を明らかにしている。「現在は、契約約款の見直しに向けて書類上の手続きを進めている段階。総務省に対しても説明を行い、理解を得ている」(NTT西)。

時刻 
午前10時8分頃大量の不完了呼により、ネットワークに過大な負荷がかかる。NTT西が輻輳の発生を確認
午前10時18分NTT西、大阪府内と尼崎市から携帯電話などへの発信(090、072、0077、0088、0070)を50%制限
午前10時37分NTT西、大阪府下から06エリアへの発信を25%制限
午前10時58分特定ユーザーの回線利用を停止
午前11時36分大阪府下から06エリアへの発信規制を解除
午前11時42分すべての規制を解除

関連記事
▼ 大阪の通話障害、原因は“ワン切り”?
▼ 求む! ワン切り対応携帯
▼ 「ワン切り」業者が初の逮捕
▼ 今度は悪質電話──知らずにかけた場合に請求は?

関連リンク
▼ NTT西日本

[芹澤隆徳, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!