Mobile:NEWS 2002年8月23日 05:24 PM 更新

松下、Eメール使い放題に対応した「KX-HV210」

パケット通信を使ったEメール使い放題プランに対応した新機種「KX-HV210」は、メールの自動振り分けにも対応している

 松下電器産業と九州松下電器は8月23日、DDIポケットのEメール使い放題プラン「オプション エッジeメール放題」に対応した新端末「ルモテ KX-HV210」を9月10日から発売すると発表した。


ボディカラーは左からラベンダーブルー、キャラメルオレンジ、スノーシルバーの3色

 新機能として、メールの自動振り分けに対応。メール作成時の文字サイズを「7文字×5行」「10文字×7行」の2パターンから選択できるようになった。また、本体を開くたびに壁紙が自動的に入れ替わる「壁紙自動チェンジ機能」も搭載した。

 SDカードスロットを搭載しており、ICレコーダー機能を使いSDカードに音声を録音することが可能。録った音声はWebで配布されているWindows向けソフト「Voice Editor 2 for H”」を使い、PCで再生・保存することができる(7月15日の記事参照)。

 基本的な機能は前機種「KX-HV200」に準ずる(2001年12月の記事参照)。32KbpのAirH”にも対応している。主な仕様は以下の通り。

製品名KX-HV210
連続待受時間約1200時間
連続通話時間約9時間
液晶2インチ半透過型TFT液晶・6万5536色
サイズ(幅×高さ×厚み)49×94×22.5ミリ
重さ約98グラム
価格オープン価格
発売日9月10日



関連記事
▼ DDIポケット、音声端末でEメールの定額使い放題サービス〜パケット導入で
DDIポケットは、音声端末のメール送受信にパケット通信を導入、電子メールサービスの定額使い放題およびコンテンツサービス通信料が50%割引となる料金プランを導入する

▼ PHSのICレコーダーがここまで使える――「Voice Editor 2」
DDIポケットのPHS「KX-HV200/50」は、SDカードスロットを備え、ICレコーダー機能を搭載している。端末側再生機能の弱さをカバーするPC対応再生ソフトの登場で、ICレコーダーとしての使い勝手が向上した

▼ これが次世代H"のスタンダード?──AirH"対応のHV200登場
ひさしぶりにH"の音声端末が発売になった。イルミネーションやTFT液晶など最新のハードウェアスペックを備え、AirH"にも対応した、九州松下初の折りたたみ型の実力はいかに?


関連リンク
▼ DDIポケット
▼ 松下電器産業

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!