Mobile:NEWS 2002年9月5日 01:58 AM 更新

これぞ“全部入り”──写真で見る「J-SH52」

ムービー写メールから音楽再生機能まで備えたシャープのパケット端末に、ライトやカラー背面液晶まで追加された後継機が登場する。機能アップしながら、さらに薄く、軽くなった「J-SH52」を写真で見ていこう

 ユーザー待望のハイスペック端末「J-SH52」が10月上旬に発売される(8月29日の記事参照)。試作機に触れる機会を得たので、発表記事では触れていなかった部分を紹介していこう。


 J-SH52は、(J-フォン内で)2.5Gと呼ばれるJ-フォンのパケット対応端末の1つで、シャープ製としては2機種目に当たる。独特の機能を“これでもか!”と詰め込んだ端末だ。パケット対応端末を機能面を中心に比べると、以下のようになる。

機種名J-SH52J-T51J-P51J-SA51
ムービー写メール
カメラCCD31万画素CCD11万画素CCD11万画素CCD11万画素
カメラ補助機能ライト外付けストロボレンズカバー
背面ディスプレイ6万5536色GFモノクロ6万5536色STN
SDカードスロット

 売れ筋のスペックをJ-SH52が揃えていることが分かる。パケット非対応の「J-SH09」(8月5日の記事参照)と機能面を比べても、SDカードスロットの搭載やムービー写メールへの対応など勝るところは多いが、劣る部分はほとんど見あたらない。J-SH51の場合、同時期に発売された「J-SH08」にスペック的に劣る部分も見受けられたが(1月17日の記事参照)、J-SH52の場合そんな心配はない。安心してフル機能を堪能できそうだ。

機種名J-SH52J-SH09J-SH51
重さ(グラム)106101108
厚さ(ミリ)262528
カメラ31万画素CCD31万画素CCD31万画素CMOS
ライト
SDカードスロット
Disneyスタイル
今度はシャープの最近の3機種を比べてみた。J-SH52はJ-SH09よりは大柄だが、J-SH51と比べると機能がアップしているにも関わらず、薄く、軽くなっているのが分かる

スペック以上に薄く、軽く感じるボディ

 J-SH52のボディは一見、J-SH09にそっくり。丸みを帯びたJ-SH51と比べて平面を基調としたデザインになっており、手に持つとスペック値以上に薄く、軽く感じる。特にJ-SH51ではキーボード下に配置されていたSDカードスロットが液晶部に移り、ダイヤルキー周りが薄くなったのも、その印象に寄与している。


ダイヤルキー周りのデザインはJ-SH09譲り。メインディスプレイは新しい液晶モジュールを採用しているようで、輝度はJ-SH51より向上。気になり始めると止まらない右側への寄りもなくなり、中央に配置された


液晶部右側面には、J-SH09同様、マクロモードへの切り替えスイッチを持つ。当然、バーコード(JANコード/QRコード)読み取り機能も搭載している(8月1日の記事参照)。


左側面にはシャッターボタンを備える。開いた状態で長押しするとカメラが起動。ダブルクリックするとライトが点灯し、簡易的な懐中電灯としても使える。J-SH51では液晶部にあった着メロスピーカーは背面に移動した。試した限りでは、音量・音質はJ-SH51より向上。SDカード内の音楽データを本体で再生しても、J-SH52は音がくぐもったり割れたりしない


ダイヤルキー周り。数字は、長体のかかっていないゴシックの大きな印刷に変わった。レイアウトや機能割り当ては従来のシャープ製端末と同じ


J-SH51(左)と並べてみた。雰囲気がかなり変わったことが分かる。液晶部に多くの部品を入れているためか、液晶部が厚く、重くなった。しかし開いて置いても、液晶部の下部が支えとなり、倒れることはない


6万5536色のGF液晶を採用した背面ディスプレイ。このスペックの液晶は、1年前まではメインディスプレイに使われていたものだ。さすがに輝度は(現在のメインディスプレイと比べると)低いが、発色は素晴らしい


7色に輝くモバイルライト。写真の撮影時は、2段階に明るさを変えられ、シャッターを切った瞬間はさらに光量が増す。ライト搭載の端末は増えているが、中でもJ-SH52は明るい。ライトを見つめるとまぶしいくらいだ


メモリーカードスロットはディスプレイ部のヒンジ近くに備える。スライドさせるとバネでフタが開き、SDカードをワンプッシュすると飛び出てくる。メモリカード搭載携帯の中では最も凝ったつくりだ。セットには8MバイトのSDカードが付属する


左から、J-SH51、J-SH52、J-SH08の電池パック部。電池パックの形状はJ-SH51から変更され、J-SH08と同じ形になった。最強を求めて止まないJ-SH51ユーザーには、バッテリーの使い回しが利かないのが残念なところ。容量はJ-SH52が610mAh、残り2つが580mAh


SDカードに録音した音楽を聴く時に使う、ヘッドフォンの変換プラグ。一体型ではなく間にコードが挟まるものに変更になった

 今回は外観を中心に見てきた。次回は、J-SH52に新機能である以下のポイントを解説する予定だ。

  • SDカードに声を録音できる「ボイスレコーダ」機能
  • 長時間の動画撮影が可能な「モーションカメラ」モード
  • メールやカメラ周りのJ-SH51からの変更点



関連記事
▼ J-フォン、ムービー写メール対応「J-SA51」「J-SH52」を発表
J-フォンは、ムービー写メールに対応した新端末「J-SA51」(三洋電機製)と「J-SH52」(シャープ製)を発表した

▼ 写真で見る「J-SH09」
「ムービー写メール」にこそ対応していないものの、31万画素CCDにライトも内蔵した「J-SH09」は流行のスペックを持つ写メール端末だ。外観や内蔵ソフトのあらましを写真で見ていこう

▼ リアルとネットをカメラがつなぐ〜「J-SH09」
「内蔵カメラによるバーコード読み取り機能」──プレスリリースにはうたわれていなかった、「J-SH09」最大の機能だ。この機能は“お遊び”でしかなかった携帯内蔵カメラを、“リアルとネットをつなぐ、携帯の目”へと変える可能性を持っている

▼ J-SH51リンクリスト
J-フォンの2.5G端末──パケット対応の「J-SH51」は、Javaからカメラ、着メロ、メールなどすべてがアップグレードされた。さらに動画撮影・送付、音楽再生が可能。公式だけでなく一般のJavaアプリもダウンロード可能になっている

[九条誠二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!