Mobile:NEWS 2002年10月28日 05:07 PM 更新

Tungsten TはTIのOMAP1510を採用〜PalmのARM対応デバイス

米PalmはARM対応の新モデル「Tungsten T」をリリースした。CPUにはTIのOMAP1510が採用されている

 米Palmは法人およびハイエンドユーザー向けのARM対応機「Tungsten T」を発表した。オンライン販売の価格は499ドル。


 Tungsten Tは、カバーをスライドさせてGraffity部分を使えるようにするスライドデザインを採用。閉じている時には、4つのハードボタンと、中央に決定キーを備えた「5-way Navigator」ボタンで操作する仕組み。CPUにはTeexas Instruments(TI)の「OMAP1510」を採用、OSはPalm OS 5.0が搭載されている。

 Bluetoothが内蔵され、対応する携帯電話を使ったワイヤレスインターネットアクセスも可能。ディスプレイは320×320ピクセルのハイレゾ表示に対応した。

 内蔵メモリは16Mバイト、サイズは101(オープン時122)×76×15ミリ、重さ159グラム。側面にはボイスメモボタンとヘッドフォンジャック、本体上部にはSD/マルチメディアカードスロットが搭載される。

 Palmが採用したTIのOMAPプロセッサは、TIのDSP(Digital Signal Processor)「C55x」に、汎用プロセッサとしてARM9コアを組み合わせたもの。DSPにマルチメディア処理を担当させることで、クロック面や消費電力面の効率が上げられるのが特徴だ(3月18日の記事参照)。

 パーム コンピューティング広報によれば、日本での発売は未定。




関連記事
▼ TIの「OMAP」、NEC、松下、富士通が3G携帯に採用
国内でもTIのアプリケーションプロセッサ「OMAP」が第3世代携帯電話へ採用される。強力な汎用プロセッサではなく、DSPを組み込むことでマルチメディア処理性能を向上させたOMAPは、携帯電話搭載プロセッサのグローバルスタンダードを目指す

▼ PalmSource Japan開幕──ライセンシーに向けたPalm OS 5.0は6月に登場
3月28日よりPalmSource Japanが開幕した。基調講演ではPalm OS 5.0のオーバービューが紹介され、Intel、TI、Motorolaの評価ボードも披露された

▼ ARMアーキテクチャ移行に向けた4大チップメーカーとの提携は何を意味するのか
米Palmは7月24日、ARMアーキテクチャへの移行に向けてIntel、Motorola 、Texas Instruments、ARMの4社が「Palm OS Ready Program」に参加したことを発表した

▼ 新型CLIE発表、Palm OS 5+XScale/200MHz搭載
新OSと高性能CPUを搭載したCLIEがついに登場。CFスロットを標準装備し、PHSカードも装着できる


関連リンク
▼ Palm
▼ Tungsten T製品ページ

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!