Mobile:NEWS 2002年11月12日 01:00 PM 更新

VGA液晶+キーボードの「ザウルス」正式発表

シャープは、PDA「ザウルス」の新製品2機種を発表した。両製品ともLinuxを採用。それぞれ12月14日に発売する

 シャープは11月12日、PDA「ザウルス」の新製品2機種を発表した。両製品ともLinuxを採用。3.7型/640×480ピクセル(VGA)の「システム液晶」ディスプレイと本格的なキーボードを搭載した「SL-C700」と、従来機種同様のスライド式キーボードを搭載した「SL-B500」。

 それぞれ12月14日に発売する。オープン価格で、実売予想価格はSL-C700が5万円台後半、SL-B500が4万円台後半。


SL-C700は「ビュースタイル」(左)と「インプットスタイル」の2形態で利用できる

 SL-C700は「CEATEC JAPAN 2002」などで参考出品されていた新製品。VGA表示が可能な3.5型のシステム液晶をPDAとしては世界で初めて搭載した。表示する情報に合わせて文字や画像を拡大・縮小することも可能だ。明るさは同社従来比で2.5倍に向上した。

 またQWERTY配列の本格的なキーボード(10.75ミリピッチ)を装備し、文字を快適に入力できる。キーボードを使用する「インプットスタイル」に加え、液晶を回転・畳むとタブレット型の「ビュースタイル」に変形。従来のPDAと同様に片手で使用しやすくなる。文字を本格的に入力する際はインプットスタイルで、移動中などにデータを閲覧する際はビュースタイルといった使い分けが可能だ。

 OSはLinux カーネル2.4.18を採用した米LineoのEmbedix。Java実行環境としてJeodeも搭載した。CPUはXScale PXA250/400MHz。フラッシュメモリ64Mバイト(ユーザー領域は約30Mバイト)、32MバイトSDRAM(ワークエリア)を内蔵している。SDメモリーカードスロットとコンパクトフラッシュカードスロットを各1スロットずつ備えた。

 電源は内蔵リチウムイオン充電池を使用し、約4時間50分の連続表示が可能。サイズは約120(幅)×83(奥行き)×18.6(高さ)ミリ、重さ約225グラム。


「SL-B500」は「MI」シリーズと同様のデザインを採用し、スライド式キーボードを備えた

 SL-B500は、専用OSの「MI」シリーズと同様のデザインとスライド式キーボードを採用しているが、OSはLinux化された。ディスプレイは240×320ピクセル表示の3.5型TFT。それ以外のハードウェアスペックはCPUやメモリ容量など ほぼSL-C700と同じだ。内蔵リチウムイオン充電池で約18時間の長時間駆動が可能になっている。

 サイズは約74(幅)×138(奥行き)×18(高さ)ミリ(液晶保護カバー取り外し時)、重さ約205グラム(同)。

関連記事
▼ シャープ、VGA液晶のザウルスを参考展示(ZDNet Mobile)
▼ 今度はターンスタイルで登場〜年内発売予定のVGA液晶ザウルス(ZDNet Mobile)

関連リンク
▼ SL-C700のニュースリリース
▼ SL-B500のニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!