Mobile:NEWS 2002年12月24日 07:41 PM 更新

auのムービーケータイ3モデル、カメラで選ぶなら?(2/3)


前のページ

ろうそくの灯りで撮れるか

 さらに部屋を暗くし、ろうそくの灯りで撮影してみた。携帯サイズの写真となっている。


左から「A5302CA」の通常撮影、「A5302CA」のライト点灯時、「A5303H」の通常撮影、「A5301T」の通常撮影時

 A5301Tが一番暗さへの対応が弱いが、その分、いかにもろうそくの下で撮ったような写真になっている。A5303Hは無理に明るく撮ろうとしたのか、ややオーバー気味で色も浅い。ろうそくから上下に光の柱が伸びている。

 A5302CAはホワイトバランスを合わせようとしたのか、マゼンダがかぶった感じの色。でも暗い中でここまで撮れていればそれなりに評価できる。この機種だけライトを装備しているので点灯させて撮影を行ってみた。見ての通り、光が届く手前のほうはすごく明るく、いつものA5302CAらしい色で撮れている。

ムービー機能をチェック

 今回の3機種はどれも5/10/15秒のムービーを撮影し、メールに添付して送ることもできる。ムービー撮影の機能や画質は静止画の時と変わらないし、ムービー機能とフォト機能は同列に位置づけられているので両者の切り替えも簡単だ。

 だが、ほかの2機種が撮った動画の保存に時間がかかるなか、A5303Hだけは「SH Mobile」のパワーか、一瞬で保存できてストレスがない。それはすごい点といえよう。


左から、カシオ「A5302CA」日立「A5303H」東芝「A5301T」の動画サンプル。再生ソフトはKDDIのWebページから「ezmovie作成ソフトLite(Ver1.4)をダウンロードできる(Windows用のみ)

基本的な使い勝手をチェック

 個々の端末に言及する前に、au端末全体の話を少しばかり。

 今回評価したauの3Gカメラ付携帯には他キャリアの製品に比べてすごくいい点が3つあった。どちらも細かいことではあるのだが、使い勝手を大きく変えるものだ。

 ひとつは撮影画像サイズが2種類しかない点。携帯サイズ(160×120ピクセル)とPCサイズ(VGA)の2パターンである。一般的な320×240ピクセル(QVGA)相当のサイズがないのは不満だが(今後、320×240ピクセルの液晶を搭載したケータイもどんどん出てくることだし)、画質がどうとか用途に応じたサイズがどうなんていわず、いさぎよく2パターンにとどめているのは使っていて分かりやすい。今回は両方を使い分けて作例を掲載した。

 もうひとつは、携帯サイズでもPCサイズでも関係なく普通にメールに添付して送れて、添付ファイルを5つまで持たせられること。つまり、1度に5枚の写真をメールすることができるのだ。

 もしあなたがPCユーザーなら、この機能がすごく重宝するだろう。撮った写真をPCユーザーにメールで送りたいとか、PCに転送して見たい(Webページに載せたいとか、PCユーザーに送りたいとか、枚数が増えてきたのでお気に入りはPC上で保存しときたいとか)と思ったら、1度に5枚メールで送れる機能はすごく楽。ケーブルを使ってPCとつないでもいいのだが、メールならいつでもその場でさっと送れる手軽さがある。

 3番目はGPS対応。GPSを使ってその写真を撮った場所を同時に記録できるのだ。これは面白い。GPSで現在地を取得して撮影してメールすると、メールの本文に現在地を示すURLが挿入され、受け取った方はそれをクリックするだけでKDDIの地図サービス「@navi.com」の地図ページを開けるのだ。この機能を使えば「何月何日何時何分にどこでこの写真を撮ったか」がすべて記録できる。

[荻窪圭, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 2/3 | 次のページ



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!