Mobile:NEWS 2003年1月8日 05:12 PM 更新

カメラ付き携帯、重視するのは“画素数”

携帯選びの決め手は、やはり“カメラ”。インフォプラントのC-NEWS調査によると、カメラ以外の機能を重視するユーザーはもはや4割しかいなかった。逆に、7割のユーザーが、カメラの“画素数”を重視している

 携帯のカメラ付き機能で重視するのは、1位が「カメラの画素数」、次いで「カメラ起動のしやすさ」、3位が「写真のメール送信のしやすさ」だった。

 インフォプラントが、半年以内にカメラ付き携帯電話を購入しようと考えるインターネットユーザーに調査を行った結果、“携帯のカメラ機能に何を求めるのか”が見えてきた。

 今や画素数は31万画素まで達したが、それでもカメラ機能の決め手は画素数。約7割のユーザーが重視するとしている。続いて4割半ばが「カメラ起動のしやすさ」を挙げ、スペックではなく操作性も重要になっていることが分かる。


インフォプラント資料より

 4位以降の重視点は、「夜間撮影機能」「ズーム機能」が続く。男女、年齢別でも画素数重視の傾向は変わらないが、29歳以下男性では「夜間撮影機能」「ズーム機能」が同数で2位になるなど、スペックを重視している。

 逆に、「カメラ以外の機能やデザイン、色などで重視すること」があるユーザーは全体の4割程度しかいなかった。具体的な内容は、「着メロなどの機能、画面の画質」「デザイン、色、メールの使いやすさ」「スケジュール、メモ、目覚まし、変換辞書」などだった。

 なお、カメラ付き携帯電話を購入したい理由としては、「手軽に写真が撮れるから」が全体の7割。もはや携帯は最も気軽なカメラとして認識されているようだ。2位は「楽しそうだから」の5割半ば、3位は「写真付きメールを送りたいから」の5割強だった。

 この調査は2002年12月18日と19日、インフォプラントのパネル男女300人に対して行われた。



関連記事
▼ 携帯カメラでみんなが撮っているモノ
携帯内蔵カメラの被写体といえば、やっぱり「人間の顔」。しかし2位以下を見ると、けっこう意外なものも撮られていた

▼ 携帯電話の2003年を占う
2001年が携帯Javaの年なら、2002年はカメラ付携帯の年だった。では2003年は何の年になるのだろうか。端末に目を向けてみると、1つには携帯の“OS”とも言えるプラットフォームが話題になりそうだ

▼ デジカメ化する携帯電話
既に「カメラが付いているだけで売れる」時代は終わった。背面液晶の大型多色化、ライト、接写、バーコード読み取り、OCR、メモリカードの搭載……。と、カメラが引き金になって搭載された機能は数多い。しかし最終的に携帯のカメラがたどり着くのは、“デジカメ化”だ


関連リンク
▼ インフォプラント
▼ インフォプラントの消費者情報配信「C-NEWS」

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!