Mobile:NEWS 2002年11月15日 07:02 PM 更新

デジカメ化する携帯電話(1/2)

既に「カメラが付いているだけで売れる」時代は終わった。背面液晶の大型多色化、ライト、接写、バーコード読み取り、OCR、メモリカードの搭載……。と、カメラが引き金になって搭載された機能は数多い。しかし最終的に携帯のカメラがたどり着くのは、“デジカメ化”だ

 今や、携帯電話にカメラが付いていることは“当たり前のこと”となった。J-フォンは全ラインアップをカメラ付きで揃え、KDDIも「カメラは今後基本機能」と明言。NTTドコモも次々と主力機にカメラを搭載し、今後さらに数機種のカメラ付き端末を投入する予定だ(11月14日の記事参照)。

 それだけに、既に「カメラが付いている」だけで売れる時代は終わった。これまでカメラ付きはJ-フォンの代名詞だったが、最近はキャッチコピーを「カメラ内蔵ラインアップ NO.1」に変えている。

 今後は「いかに高性能なカメラを搭載するか」「カメラ機能をどう活用していくか」に差別化のポイントが移っていく。

カメラ付きの必須追加機能は何か?

 各社のハイエンドカメラ付き端末の、カメラ補助機能をまとめてみると以下のようになる。

端末ライトサブ液晶接写バーコード(OCR)液晶メモリカード
J-SH52GFカラーバーコード
J-T08STNカラーQVGA
SH251iSGFカラー3D液晶
N504iSSTNカラーOCR
P504iSTFTカラー
A5301TSTNカラー
3015SASTNカラー

サブ液晶は必須。大型化、輝度の向上が進む

 まずハイエンド端末ではサブ液晶も6万色以上のカラー表示が当然となってきている。1つの要因は、携帯のカメラでは自分撮りの比率が非常に高いことだ(7月31日の記事参照)。従来の鏡に代わってカラーの背面液晶を搭載することで、より自分撮りがしやすくなる。

 「P504iS」のようにカメラを2個搭載している端末では、背面液晶を自分撮りのファインダー代わりに使う必要がないが、「iアプリが背面液晶でも動作する」(松下)ためにTFT液晶をおごった(11月8日の記事参照)。

 シャープは「SH251iS」で、1.2型という大型の背面液晶を搭載(11月13日の記事参照)。「メインディスプレイと同じ大きさまでいくとは思えないが……」とは言うものの、大きいほど差別化が図れると見ている。


三洋電機はイメージモックながら、メインディスプレイと同サイズのサブディスプレイを搭載した端末をCEATEC JAPAN 2002などで展示した(10月2日の記事参照)。既に背面液晶は5年ほど前の携帯電話のメイン液晶と同サイズまでに大きくなっており、今後も拡大が続きそうだ

ニーズの高いライト

 ライトについては、搭載メーカーが限られている。「SH251i」で初めて内蔵を果たしたシャープは、高輝度化に意欲を示す。251iSでは、光の到達距離が従来の50センチから1メートルにまで伸びたという。

 撮影補助以外にも活用しがいがあるのがライトの魅力だ。フラッシュと違い連続点灯が可能なことを生かし、手元を照らすハンディライトとして使える機種も増えている。また「A1014ST」の「オーロラドリーミネス」のように、意識的なイルミネーションとして使うのも面白い試みだ(10月15日の記事参照)。

「画像メモ」へ向けて必須の接写

 常に持ち歩くカメラ、として考えた場合、携帯で画像をメモできるのは便利な機能だ。そのために接写は必須の機能である。表では切り替えスイッチを備えたものを○としたが、スイッチを備えていない機種でも、接写が可能なカメラを搭載した端末は増えている。

 また、バーコードの読み取り機能やOCR機能の搭載にあたっても、接写機能が要求される。バーコード読み取り機能はJ-フォンのシャープ製端末2機種が備えているのみで、今後の普及動向は未知数だが(8月1日の記事参照)、標準化が進めばさまざまな応用が期待できる。


NECはカメラでメモを取ることを意識的に打ち出している。写真の「N251i」には「ピクチャメモ」機能が搭載され、雑誌などを“メモする”使い方が推奨されている。(画面左)カメラを起動後、ピクチャメモモードに変更するとデジタルズームが働く(画面中)撮影したピクチャメモは、デスクトップからもアクセスできる(画面右)撮影したピクチャメモ。文字もなんとか判別できる

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/2 | 次のページ



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!