Mobile:NEWS 2003年1月21日 03:50 PM 更新

三洋電機、携帯カメラ向けCCD増産へ

三洋電機はカメラ付き携帯電話のCCDに増資を行い、現在月産100万個以上の生産量を、2004年春には500万個まで増産する。既に開発が完了しているVGAクラスのモジュールも随時市場投入する

 三洋電機は1月21日、カメラ付き携帯電話のCCDに対し450億円の増資を行い、2004年春には月産500万個へ増産すると発表した。2005年度には1000億円の売り上げを目指す。

 2003年度は、CCDおよび画像信号処理用のDSPのウエハ工程、チップサイズパッケージ工程、モジュール組み立て工程などの各ラインを増強、総額100億円の投資を行う。当面は現在の主力製品である1/9型CCDモジュール(11万画素)に注力するが、既にVGA(31万画素)サイズの製品開発をほぼ完了しており、生産体制の整備と市場の動きを見ながら市場投入する。

 今後は携帯電話用途だけでなく、防犯カメラ用途、ロボット、医療分野にも取り組んでいく予定。

 三洋電機はいち早くカメラ付き携帯電話のCCDモジュールを開発(2001年3月の記事参照)。2002年末には月産100万個以上の体制となっており、「携帯電話向けCCDの中で約50%のシェア」(三洋電機)という。



関連記事
▼ 携帯電話に内蔵されるカメラも本格派に──CCD型登場
シャープの「J-SH04」に続き、カメラを内蔵した携帯電話「J-SA03 」も発表された。その流れは今年さらに加速しそうだ。三洋電機の開発したCCDモジュールは、CMOS型に対して大幅な感度と画質の向上をもたらす


関連リンク
▼ 三洋電機
▼ 三洋電機 CCDモジュール ニュースリリース

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!