Mobile:NEWS 2003年3月5日 02:54 PM 更新

固定電話からau携帯への通話料が値下げ

高い上に、携帯キャリアによって格差のあった、固定発携帯着の通話料が変わり始めた。KDDIは最大25%の値下げを行い、最も安いドコモの料金に迫る

 KDDIは3月5日、NTTの一般加入電話からau携帯電話へ発信した場合の通話料を、最大25%値下げすると発表した。平日昼間、地域内および隣接県からの発信の場合、従来3分120円だったものが、3分90円となる。

 KDDIでは「au携帯電話からNTT一般加入電話に発信した場合と同水準となる」としている。実施時期は、4月21日、午前2時の通話開始分から。

 従来から、固定電話発信、携帯着信での通話は固定電話同士の通話に比べて高く設定されていた。さらに、携帯電話のプランによっては、携帯から固定にかけるよりも、固定から携帯にかけるほうが高い場合もあった。

 固定電話から携帯電話への接続料は携帯電話各社が個別に設定しており、NTTドコモは3分80円、KDDI(au)とJ-フォン、ツーカーグループは同120円だった。J-フォンでは値下げの方向で検討しており「今月中には方針を決定する」(J-フォン)としている。KDDIは値下げを決めたことで、ドコモの水準に近づいたことになる。



関連記事
▼ 「固定→携帯の接続料は高すぎる」 平成電電、総務省に裁定申し立て
「接続料が高すぎて格安サービスを提供できない」──キャリア側が設定する慣行にベンチャーが疑問を提起

▼ 固定→携帯はマイライン化する?
議論の続く「固定発、携帯着」問題。総務省が開催する研究会では、携帯通話のマイライン化を含めた、さまざまな案が検討されているようだ

▼ どうしてIP電話は携帯電話にかけられないのか?
低価格をウリにするIP電話だが、実は携帯電話にかけられないサービスがほとんどだ。その理由は、携帯電話へかける際の料金設定を、携帯キャリアが握っているところにあるようだ


関連リンク
▼ KDDI
▼ KDDI ニュースリリース

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!