Mobile:NEWS 2003年4月4日 04:21 PM 更新

ドコモの「N211iS」「P211iS」都内で店頭に並ぶ

NTTドコモの「N211iS」「P211iS」が都内量販店の店頭にお目見えした。通話とメールを使うユーザー向けの両端末は、かなり安価での登場となった

 NTTドコモの「N211iS」「P211iS」(3月31日の記事参照)が都内量販店の店頭に並んだ。新規契約の価格はN211iSが6500円、P211iSが6700円(ZDNet調べ)。両端末とも1万円を大幅に切る価格での登場となった。

 カメラを搭載していないドコモ端末は、かなり買いやすい価格に落ち着いている。ある量販店ではソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「SO212i」(2002年12月12日の記事参照)や富士通製「F212i」(2002年11月8日の記事参照)が新規契約で3000円になっている。

 NEC製のN211iSは、メイン液晶に1.9インチの4096色STN液晶を搭載。背面には12色に光るイルミネーションウィンドウが配されている。メールの送受信時などにはミッキーマウスを初めとするディズニーキャラクターが登場する。ボディカラーはマリーゴールド、ライラックロゼ、リリーホワイトの3色。


N211iSのライラックロゼ

 パナソニック モバイルコミュニケーションズ製のP211iSは、メイン液晶に約1.8インチの6万5536色STN液晶を搭載。フロントスピーカーで迫力ある着信音を聞けるほか、赤外線通信「Ir-Kiss」で電話帳やスケジュール、フリーメモ、メールデータを送受信できる。ボディカラーはジュノーブラック、ピンクブレンド、ニュアンスシルバーの3色。


P211iSのジュノーブラック

 なお両機種は、ドコモが4月30日まで展開している「若者応援キャンペーン」の対象機種ではない。



関連記事
▼ ドコモ、「N211iS」「P211iS」発表
1年前のヒット端末2機種をリニューアルした“iS”が登場する。機能的にはワンギリ対策が施され、実売価格はかなり安くなることが予想される

▼ POBox初のメジャーバージョンアップ〜「SO212i」
携帯の予測変換機能の代表格ともいえるソニー・エリクソンの「POBox」に辞書ダウンロード機能が搭載された。POBoxと辞書ダウンロードの関係は、かなり奥が深い。辞書ダウンロードで、どのように進化したのか、そして今後POBoxはどこへ向かうのだろうか

▼ ビジネスマンニーズに応える携帯〜「F212i」
世の中、カメラ付きの折りたたみ型が主流であっても、シンプルなストレート型を求める層は確実に存在する。F212iはそんなビジネスマンをターゲットとし、息長く売れる端末となっている

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!