Mobile:NEWS 2003年4月11日 01:44 AM 更新

4月8日、NTTドコモ505iシリーズ発表会における
加藤あい、全仕事(1/3)

505iの発表会に登場したドコモのイメージキャラクター、加藤あい。ここではその全仕事を余すところなくお伝えしよう

 はじめに断っておくが、筆者はこれまで加藤あいにはそれほど興味がなかった。いやもちろん、加藤あいとお友達になったり、より親密になれるような機会があるのであれば、全身全霊をかけて臨む所存ではあるものの、505iシリーズの発表会に登場すると聞いたときには、「とりあえず見ておくか」ぐらいの気持ちだった。

初心者のための加藤あい入門

 何も知らないまま加藤あいを眺めるよりは、事前に学習しておいたほうがいいと思い、まずは調べてみることに。

芸名加藤あい(本名は加藤愛)
生年月日1982年12月12日(ちなみに12月12日は電池工業会が制定した「バッテリーの日」)
出身地愛知県出身
身長161センチ
特技ピアノ
趣味散歩、読書
所属事務所ムーン・ザ・チャイルド

 デビューは1996年、ジャスコのテレビCM「ファッション・レディース編」らしい。ZDNet Mobile読者には、1998年のポケットベル以降の、ドコモのコマーシャルが印象深いはずだ。

 ちなみに昨年末から今年の初めまで、北米の大学に語学留学をしていたため、この505iシリーズの発表会で、久々に公の場に姿を見せたことになる。そのため、発表会には芸能マスコミも多数詰めかけていた。

 ステージのすぐ目の前に陣取ったカメラマンとおぼしき方々は、夏野氏が505iシリーズについて語っている最中、あまり興味なさげな様子だったのが印象的だった。

加藤あいが、たまたま帝国ホテルに!?

 それではここからは、推定全国13万8000人の加藤あいファンのために、「加藤あい登場シーン」の詳細をお届けしよう。

 夏野氏によるプレゼンテーションが一段落したところで、夏野氏はステージ上でどこかへ電話をかけ始めた。すると女性の声が夏野氏の電話を通して場内に響いた。

女性「はいもしもし、加藤あいです」

夏野「あ、もしもし、ドコモの夏野です」

加藤「あー、お久しぶりです。こんにちは」

夏野「撮影の方はいかがでしたか? この間、CMの撮影をお願いしたんですが」

加藤「あ、あのですね、ひと足早く505iシリーズを見せてもらったので、すごく楽しい撮影になりました」

夏野「あいちゃんは、どちらにいらっしゃるんですか?」

加藤「あ、今ですね、実は夏野さんがいる帝国ホテルにいるんですよ」

夏野「じゃあねえ、一緒にお話ししよう」

加藤「はい、今からそちらにうかがいます」

 ここで司会者が、加藤あいをステージ上に招くという演出だ。

 発表会が行われたのは、帝国ホテルの孔雀の間。開場前に受付を済ませると、受付から渡されたのは、当日の進行スケジュールが記載された紙。そこには大きく、<ゲスト:加藤あい>の文字が記されていた。もちろん、たまたま加藤あいが帝国ホテルにいたわけではなくあらかじめ、定められたシナリオ通りである。

 よくある演出手法ではあるが、個人的には、WRESTLE-1におけるゴールドバーグの入場を思い出さずにはいられなかった(分からない人は近くのプロレスファンに聞いてほしい。きっと苦々しい表情を浮かべながら教えてくれるはずだ)。

加藤あい、ついにステージ上に現る

 BGMの「Love the One You're with」に乗って、加藤あいが「こんにちはー」と、ステージに登場。ここからは、夏野氏、司会者を交えて、505iシリーズに搭載された新機能についての説明タイムだ。これもまた、全国32万6000人の加藤あいファンのために、流れを細かく追っていこう。

司会「加藤あいさんです。こんにちは。今、加藤あいさんが使っていた携帯は、今度発売されますD505iなんですけれども、実際使ってみて今までの携帯電話と比べていかがですか?」

加藤「そうですね、また一段と、あの、画像がとにかく本当にきれいで、アニメーションがすごくきれいだったりとか、すごく充実していますね」

司会「それでは夏野さん、加藤さんと、この505iで遊んでいただきたいんですけれども、今、画像がきれいとおっしゃった、写真の撮り方を今度は教えてさしあげてください」

夏野「実はですね、さっきちょっと、ほんとに遊んでいて、けっこうあいちゃん、本気で感動してたんですけれども……」

加藤「本気で感動しましたー」

夏野「(加藤あいに、D505iのカメラ機能を使った撮影を促しながら)そのままやっちゃってください。このへんの方々(報道陣を撮影してみたら)どうですか?」

加藤「はい」

 ここで事前に打ち合わせが行われ、そこで加藤あいがすでにD505iを触っていたことを窺わせる発言を、つい夏野氏が漏らしてしまうというハプニングが!

 まあそんなことはもちろんどうでもいいのだが、「演出するなら細部にもこだわってほしいよなぁ、ここまでしっかりした発表会やるんだし」などと思っていたのは、会場内では筆者ぐらいのものだろう。

夏野「こうやってカメラとしても使えるんですね。今、実はこの、こちら側にフルカラーのサブ液晶画面があって、これがファインダーのかわりに使えるんだよね」


独占入手!これがその時、加藤あいがステージ上から撮影した、報道陣の写真だ!

司会「いかがでしたか? 横にして使うんですね、今度のカメラは」

夏野「実はこのDの機種もソニーの機種も、こうやって(横にして)見るとデジカメにしか見えない」

加藤「(なぜか小声で)ほんとですねー」

夏野「わざとこういうデザインにしてまして、さきほどのご質問にもあったようにですね、今までこうやって(折りたたみの携帯を開き、縦に構えて)撮ったり、携帯カメラっぽい撮り方ってあったんですが、本格的にデジカメっぽい撮り方ができます」

加藤「はい。これ、私も試してみたんですけれども、自分を撮ろうとして、こうカメラを自分に向けますと、(サブ液晶のファインダーで)自分の肌の状態まで見えちゃうぐらい画像がよくて、本当にびっくりしました」

司会「かなりきめ細かいところまで」

加藤「はい」

 このくだり、肌の状態が見えてしまうこと=ネガティブな意見と、司会の女性がとらえてしまったような気がしないでもない。が、加藤あいの肌はきれいだった。かなり、ポジティブな意見のつもりだったんじゃないかと思うのだが……。

司会「(突然、話を変えて)プリントアウトした画像があるということなんですけれども」

夏野「実は、先ほども紹介したように、メモリースティックが入っています。このメモリースティックを先ほどのコンビニなどにあるの(プリントサービス機)に入れていただくと、実は先ほど、あいちゃんの写真を撮らせていただいたんですけれど、これ、さっきこのカメラ(D505i)で撮った写真です」

司会「どうですか?加藤さん、これ、プリントアウトしたものですが」

加藤「携帯で本当にもう、写真までできちゃうっていうのは、本当にすごいですね〜」

[吉岡 徹, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/3 | 次のページ



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!