Mobile:NEWS 2003年4月28日 03:59 PM 更新

話題のモバイルビジネスのその後
携帯電話で店舗誘導型マーケティング

携帯電話によるクーポン配信の集客効果を実証したことで知られる「ジーンズメイト」。成功の秘訣に迫った

前年比38.1%増の経常利益という結果を生み出し、携帯電話によるクーポン配信の集客効果を実証したことで知られる「ジーンズメイト」。その成功の秘訣に迫った。

クーポンキャンペーンサイトで店舗への誘導と会員囲い込み

景気低迷化が続く中、対前年比38.1%増の経常利益を出しているのがカジュアルウェア販売を手がける「ジーンズメイト」だ。増益の鍵である携帯電話をCRMツールとして活用し、リアル店舗と連動した販促を継続している。

 3年前の2000年、ジーンズメイトはユニクロの首都圏進出などで市場を侵食され、減収減益という現実の前で抜本的な対策を強いられた。 その対策に、主要の販促手段としていた新聞折り込みちらしから、ターゲットとなる20代がいつでもどこでも持参できる「携帯電話」に着目。

 2001年4月からクーポンキャンペーンサイトを立ち上げ、そこからジーンズメイトのモバイル会員「JMモバイル」とリアル店舗への誘導・販促に結びつけている。

 年8回、約2週間行われるクーポンキャンペーンでは、購入金額に合わせた割引率のクーポン案内が発行され、そこで「JMモバイル」会員登録を推奨。各キャリアの有料公式広告サイトを始め、無料広告サイトで告知した結果、折り込ちらし1回分の広告費用の約4分の1の料金で約15万人の会員囲い込みに成功した。

クーポンキャンペン利用者は高額購買層

 実際、クーポンキャンペーン利用による1日あたりの売上高は、開始から1年半で18倍にも伸びている。また、クーポン利用者と未利用者を比べると、年間購買回数はクーポン利用経験者のほうが1.6倍と高く、年間購買金額においてもクーポン利用者のほうが1.7倍の売上を上げている。

 経営企画室濱中眞紀夫室長は、「2002年2月11日から8月20日までの6回キャンペーンでは、モバイルクーポン利用での購買客は6万人と売上の拡大に大きく影響しています。クーポン利用者は高額購買層に属し、1人当たりの客単価はクーポン未利用者の約70%増しの客単価。粗利益額としては高くなっています」と話す。


ジーンズメイトの経営企画室、濱中眞紀夫室長

バーコードソリューションによるCRM効果測定でデマンドチェーンへの利用に

 だが、売上は伸びているものの、クーポンキャンペーン、JM会員の獲得では会員の携帯アドレスのみの取得にすぎない。実際、CRMにつながる顧客情報の推進において新しく進めているのが、会員カードとモバイルクーポンの連携だ。

 「店頭で発行している『JMメンバースカード』で、入会時に生年月日や住所などの顧客情報を取得しており、顧客情報とPOS情報の連動をデータベース化し、これを元にCRM展開を図っています」(濱中室長)。

 2000年6月から現在までにカード会員は160万人。会員特典には購入金額の5%のポイントバックがあり、店頭での購入者の9割が会員になっている。

 しかし、これまで携帯アドレスとカード会員データベースがうまくひも付けされていなかったため、クーポンメール利用者がカード会員か非会員なのかが不明であったり、1度取得した携帯アドレスが変更された場合、ユーザーの識別をどうするのかなどの問題が発生してきた。

 そこでジーンズメイトは、今春からネットジーンの携帯バーコードソリューションを導入してデータベースを一元管理し、CRM効果の向上を図る。

 従来のクーポンキャンペーンにアクセスすれば、携帯電話にはバーコードクーポンが表示される。店頭で商品を購入したら、POSレジと連動した従来のスキャナで購買情報と会員カードによる顧客情報が分かる。そこに、携帯バーコード読み取りスキャナでバーコードクーポンを読み取れば、最新の顧客情報が表示されるため、これまでの問題点が解消される

 確認できた顧客情報と購買情報はジーンズメイト本部に届き、それを元に商品開発や店舗での商品の品揃えなどデマンドチェーンの構築に結び付けようという考えだ。

 「今後、ロイヤルカスタマーへのサービス強化と一見ユーザーのリピーター確保に携帯電話を使ったCRMは考えていますが、携帯電話はあくまでも売り場に足を運ぶための出先機関であり、商品の販売場所はリアル店舗に集中させます」と濱中室長は言い切る。

 携帯電話によるモバイルコマースが注目される中、携帯電話も売り場とみなし、携帯先行の販売展開を行うユニクロに対し、携帯電話はCRMツールと考えるジーンズメイト。利益の向上を目指すところは同じだが、そのアプローチは大きく異なる。進化が著しい携帯電話を今後、「カジュアルショップ」という業種がどのようにマーケティングツールとして活かすのかに注目だ。

著者プロフィール

沢 里映:フジサンケイグループ日本工業新聞にて、ITベンチャー社長取材による企業の様々なITビジネスモデルを連載。他、小学館「DIME」、リクルート「アントレ」他でコンシューマ向けITサービスなどの記事も執筆



関連記事
▼ 紙媒体連動による新集客サービス「あじゃじゃ」
発表から数年。あの話題に上がった携帯電話を使ったビジネスモデルは、今どのようになっているのだろうか。第1回は、折り込み広告などと連動したモバイルマーケティングのASPサービスを提供する「まぐクリック」の今を見ていく

▼ 携帯電話でロマンスカーチケット購入
携帯電話で特急ロマンスカーチケットの予約・購入サービスを行っている小田急電鉄。ユーザーにとっての利便性や顧客の拡大は見込めるのか。約2年経つ今、次に小田急電鉄が狙うサービスは何かを探ってみた


関連リンク
▼ ジーンズメイト

[沢 里映, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!