Mobile:NEWS 2003年6月11日 07:07 PM 更新

"本気のFOMA"にQRコードリーダを標準搭載〜ドコモ夏野氏

自称「業界一のぶっちゃけ男」の夏野氏が、今年度後半に発売するFOMAについて言及した。QRコードリーダを標準搭載するといい、"リアル"との連携を推進したい考えだ。

 昨日はQuick Timeの発表会(6月10日の記事参照)、今日はディーツーコミュニケーションズの「モバイルマーケティングセミナー」と、精力的に講演をこなすNTTドコモiモード事業部の夏野剛企画部長。ディーツーの講演では、自らを「業界一のぶっちゃけ男」と名乗り、言葉通りに今年度後半投入予定という「本気のFOMA」の仕様を一部「ぶっちゃけ」た。


ディーツーコミュニケーションズの講演に登場したiモード事業部の夏野剛企画部長。既に2機種が発売された505iシリーズは23万契約獲得したといい、「SO505i」は「ドコモの端末の中で、初日としてはたぶん最高の売れ行き」と話す

 キーワードは「カメラ」と「リアルとの連動」。「9カ月で逆転できるたやすいもの」と(4月30日の記事参照)、カメラを付けるだけなら簡単と話す夏野氏が、それを使って実現しようとするのは、QRコードを使ったリアルとの連携だ。

 ドコモの調査によれば、「撮った写真をメールで送っている人は思っているより少ない」という。しかし一方でカメラは高画素化の一途を辿り、通信インフラがその高画素化に追いつけないのが現状。それならいっそ、カメラを使う場合は外部メモリにデータを書き込んでもらい、それを通信インフラを使わずにプリントすればいい──というのが、iモード事業部のエンタテインメント用途のカメラに対するスタンスだ。

 そうなると、カメラを搭載することでドコモが得られる収益はそれほど見込めない。そこで出てくるのがQRコードの読み取り機能を「メディア」として使うという戦略だという。

 街頭のポスターや雑誌などにQRコードを印刷、ユーザーはそれに携帯電話をかざしてデータを読み取らせれば、面倒な手入力をせずにサイトへのアクセスやメール送信が可能になる。ドコモはトラフィック増を期待でき、企業はそれを使った新たなマーケティング戦略を立てられる。カメラが夏野氏がいうところの「win-win関係」をもたらすことになる。

 こうした戦略のもと、「今後リリースする50x系とFOMAには、QRコードリーダ機能を標準装備する」(夏野氏)。

 505iシリーズにも本当は全機種搭載したかったが、メーカーによって間に合わないところもあったため、標準装備されなかったという。505iシリーズで対応するのは富士通製の「F505i」、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P505i」、シャープ製の「SH505i」の3モデルだ。

 ドコモでは既に505i向けにQRコード作成ソフトも公開するなど(6月6日の記事参照)、標準搭載に向けて着々と準備を進めている。

 なお、夏野氏は富士通製のF505iに搭載される指紋認証についても、その理由に言及。将来的にはEコマースで使えるものと期待しているが「実効精度が出るのかどうかなど、まだ検証することが多い」。一方でマーケットに出さなければ発展しないのも事実で、まずは端末内データのセキュリティ用途という、今できるところの機能から搭載したという。「最初に載ったことで、商用のものとして発展すると思う」。

2003年度のFOMAは「誰が見てもどこからみても"イケテル"ケータイ」

 ドコモのiモード的戦略では、PDCとFOMAを区別して考えず、その上に載っているサービスをどうするかにフォーカスされてきた。それは、パソコンがブロードバンドでもナローバンドでも、主に使うブラウザやサービスは変わらないという発想によるものだ。「ユーザーは、『速くて安い』に魅力を感じるもので、『うまい(コンテンツ)』はあとからついてくる。ワイヤレスの世界でもそれを踏襲する」。

 505iでリッチになったコンテンツはPDCの速度や通信料金で使える限界の所に来ていると夏野氏は説明。そうした中、「今年度、パケット料金が安く通信速度も速いFOMAへの移行は自然に起こる」と予測する。「(パケットをたくさん使う若者層の)パケ死を防ぐためにFOMAはある」。

 2003年度、iモード事業部のポイントは、1)505i、505iシリーズの導入 2)FOMA新機種の導入 3)海外iモードの普及拡大の3つ。

 まずは2Giモードの集大成となる「ケータイを超えたケータイ」を投入、そして「誰が見てもどこからみても"イケテル"FOMA」を導入予定だ。とくにFOMAについては「これまでPDCの後追いだったが、初めてFOMAのほうがすごいということになる」と期待を煽り、「3Gでしか動かないiモーションにプラスしたイケてる」サービスを提供すると、その一端を語った。

 こうして2Gから3Gへの移行をスムーズに行い、それを日本発のビジネスモデルとして海外で拡大したい考えだ。



関連記事
▼ 「505iと同じくらいヒットするFOMAを投入」〜ドコモ夏野氏
これまで505iの開発に携わっていたiモード事業部が、FOMAの商品主幹も務める。今年度後半に発売するFOMAでは、「ミリオンセラーが出るようなFOMAを計画している」という

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!