Mobile:NEWS 2003年6月12日 06:52 PM 更新

ソニー、フルカラー有機ELパネルを来春に量産化

ソニーは6月12日、アクティブ型フルカラー有機ELディスプレイパネルの量産を2004年春から開始すると発表した。

 ソニーは6月12日、アクティブ型フルカラー有機ELディスプレイパネルの量産を2004年春から開始すると発表した。当初はモバイル向けに2インチパネル換算で月産30万枚でスタート。ライン設営に約90億円を投じる。

 量産する有機ELディスプレイは独自の「Super Top Emission」方式と完全固体デバイス構造を採用し、高い色再現性と高コントラスト、高速応答性能を持ち、薄型化が可能だという。

 まずソニー製モバイル機器向けディスプレイに供給を行う。生産ラインはソニーと豊田自動織機が合弁で設立した低温ポリシリコンTFT液晶生産会社のエスティー・エルシーディ(愛知県東浦町)に新設。TFT製造技術を活用する上、ベースとなるTFT基板も同社から調達する。

 ソニーの有機ELディスプレイでは、2000年2月に薄さ1.4ミリの13インチパネルを、2003年1月には12インチパネルを4枚組み合わせた24インチタイプを開発している。フルカラー有機ELパネルの量産は三洋電機と米Eastman Kodakが先行している。



関連記事
▼ ソニーと米UDC、高効率有機ELディスプレイを共同開発へ
▼ ソニーの有機ELは“ポストTV”となり得るか?
有機EL応用製品として13型ディスプレイをCEATECに参考出品したソニー。話題を聞きつけた来場者で黒山の人だかりが絶えないが、大画面有機ELは果たして“ポストTV”となり得るのだろうか。

▼ 「ポストCRTは有機EL」――ソニーが13型フルカラーの試作機を開発
ソニーは、世界最大サイズを実現した13型のフルカラー有機ELディスプレイを開発した。2003年の商品化を目指す。


関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!