Mobile:NEWS 2003年6月24日 03:30 PM 更新

ドコモ、無線LAN対応のCF型PHS「P-in Free 2PWL」

ドコモは業界初となる、無線LANとPHSのデュアル端末を発表した。7月4日から発売する。

 NTTドコモは、PHSと無線LANの両方に対応したコンパクトフラッシュ型端末「P-in Free 2PWL」を発表した。製造はパナソニック モバイルコミュニケーションズで7月4日から発売する。価格はオープンプライス。


 PHSとしては、定額制データ通信サービス「@FreeD」に対応しており、64Kデータ通信が可能。通常の従量制料金プランにも対応する。無線LANとしては、IEEE802.11bに対応しており「Wi-Fi」認定も取得した。

 対応OS向けには環境設定ソフトが用意され、「無線LANとPHSどちらを優先するか設定しておけば、電波の入るほうに接続する」(ドコモ)ことが可能。PHSと無線LAN間で接続を自動的に切り替える機能などは持っていない。

 主な仕様は以下の通り。

製品名P-in Free 2PWL
サイズ(幅×高さ×厚み)42.8×56×7.5ミリ
重さ約19グラム
対応OSWindows CE 2.0以上、Windows 98/2000/Me/XP



関連記事
▼ 「@FreeD」のメリット、デメリット
本サービスが開始されたドコモの定額データ通信サービス「@FreeD」。パケット通信ではなく回線交換ベースでを採用した「@FreeD」のメリット、デメリットを「P-in Free 1S」を用いて洗い出しておこう

▼ ドコモ、4月から月額4880円のPHS定額制データ通信サービス
ドコモは4月1日から定額制PHSサービス「@FreeD」を提供する。ドーマント方式の64K/32Kbps回線交換で、シャープとパナソニック製の対応端末が用意される


関連リンク
▼ ドコモ ニュースリリース
▼ NTTドコモ

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!